多田修平がかわいいと評判!スタートダッシュのコツについても!

この記事は2分で読めます

2017年の陸上界で一躍ブレイクした多田修平選手について書いていきます。
多田選手は関西学院大学の3年生で、21歳ながら日本選手権でリオ五輪のリレーメンバーを抑えて2位に入り、一躍有名になりましたね。
ロンドン世界陸上でもリレーで1走を走り、銅メダルをに貢献しましたね。
これからの日本のスプリント界を担う選手になるかもしれませんね。

多田修平の人気について

多田選手は顔がイケメンで可愛いと評判であり、女性からの人気も凄く高いようです。
大学内で多田選手は当然有名人なので、写真や、サインを求められることも多いようです。
カッコよくてスポーツが日本トップクラスで出来たら人気が出て当然ですね(笑)

 

彼女に関する噂を探してみたのですが見つかりませんでした。
多田選手は絶対モテていると思うので、いるかもしれませんね。
いなかったとしても作ろうと思えばすぐにつくれるでしょうね(笑)
性格も優しいようで、女性ウケは凄く良いようです。

多田選手のスタートダッシュについて

多田選手のスタートは世界トップクラスと言えるでしょうね。
世界一のスタートと言われているアメリカのジャスティンガトリン選手も多田選手のスタートを絶賛していました。
武井壮さん曰く、スタートの反応が速いのではなく30メートル~50メートル区間の加速が凄く速いそうです。
ロンドン世界陸上2017では予選でボルト選手と一緒に走りましたが、前半はボルト選手をリードしていましたね。
後半もスピードを維持出来れば、世界の決勝に残れるようになるかもしれませんね。

スターダッシュのコツについて

多田選手のスタートダッシュのコツは足を地面と平行に出すことにあるようです。
足を回すような動きになると、その分足が通る距離が長くなるので、遅くなってしまうそうです。
多田選手のスタートは多くの選手が参考にすべきかもしれませんね。

スポンサードリンク

多田選手と山縣選手のスタートについて

日本でスタートが速いスプリンターと言えば多田選手と山縣選手ですね。
日本選手権では山縣選手が怪我明けで、本調子では無かったので、スタートから多田選手がリードしていましたね。
山縣選手のスタートは世界でも圧倒的ですし、本調子なら多田選手より速いのではないかと思います。
本調子の山縣選手と多田選手のスタートがどちらが速いのか試合で早く見てみたいですね。

まとめ

日本の男子短距離界のレベルはかなり上がってきていますし、多田選手はまだ伸び盛りだと思うので、9秒台も出して欲しいですね。
山縣選手や、桐生選手やサニブラウン選手やケンブリッジ選手らと競い合ってもっと日本の陸上界のレベルを上げていって欲しいですね。
多田選手はロンドンの世界陸上で1走を走りましたが、次の世界陸上や、東京オリンピックでリレーメンバーに入れる保証はどこにも無いので、これから頑張って欲しいですね。
日本人初の9秒台は出そうでなかなか出ていので、誰か早く出して欲しいですね。

400メートルの日本記録保持者である高野進さんによると日本がリレーで金メダルを取ろうと思えば9秒台の選手が2人ひつようだそうです。
日本はバトンパスは世界トップクラスに上手いので、これからは個々の走力の底上げが必要になってくるようです。
ロンドン世界陸上でも100メートルの決勝で9秒台を出した選手はガトリン選手、コールマン選手、ボルト選手の3人しかいないので、大事な場面で9秒台を出せる選手は世界トップクラスの選手と言って良いでしょうね。
2003年の世界陸上で末續慎吾選手が銅メダルを獲得しましたし、また個人で世界大会でメダルを取るような選手も出てきて欲しいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ