村田諒太がエンダムと再戦決定した理由は?前回の採点表や予想についても!

この記事は2分で読めます

先日WBA世界ミドル級タイトルマッチを行い不可解な判定で敗れた村田諒太選手が10月22日にアッサン・エンダム選手との再戦が決定しましたね。村田選手が世界チャンピオンになることは日本中の誰もが期待していることなので、再戦が実現して良かったですね。エンダム選手が試合を受けたそうで、男気のある選手ですね。

スポンサードリンク

再戦が決定した理由は?

再戦が実現した大きな理由としてWBA会長のヒルベルト・メンドサ会長が再戦するように促したことがあります。
メンドサ会長は村田選手のエンダム選手の試合の判定を見て大きく批判しました。
メンドサ会長の判定でも村田選手の圧勝だと思っていたらしく、村田選手の負けは有り得ないと思ったそうです。
WBAの会長が判定を批判するのは異例の事態で、よっぽど判定が気に食わなかったのでしょうね。
村田選手とエンダム選手の試合後誰もが村田選手の勝利を確信していましたし、解説も村田選手が勝ったと思ってリラックスムードでした。
解説をされていたWBC世界バンタム級王者の山中慎介選手は「理解が出来ない判定」とコメントしていました。
日本中のボクシング関係者やボクシングファンはきっと同じ気持ちだったのでしょうね。
ニュースでも連日のように取り上げられ、判定を批判する人が続出していましたね。
私もボクシングファンでボクシングについては少し詳しいのですが、本当に驚きました。
レフェリーによって採点は多少変わるものですが、ここまで試合をコントロールしていて負けるのかと個人的には思いました。
前回の試合の採点表はこちらです・

110-117で村田選手優勢が1者、116-111115-112でエンダム選手優勢が2者でエンダム選手の勝利になりました。
山中選手によると後半のラウンドほぼ全てエンダム選手が取っていたとは考えにくいと言っていました。

スポンサードリンク

再戦の結果の予想は?

再戦の勝敗の予想についてですが99%村田選手の勝利だと思います。
前回の試合も勝ったようなものですしね(笑)
村田選手は記者からのインタビューで答えていたのですが、「再戦すれば100%勝つ自信がある」とコメントしていました。
実力は村田選手の方が上でしょうね。
エンダム選手にとってはラッキーな判定だったと思いますが、再戦を受けたことが凄いと思いました。
普通に考えれば再戦したくない相手だと思いますが、疑惑の判定と言われてスポーツマンの心に火が付いたのかもしれませんね。
とにかく再戦が決まって本当に良かったです。
10月22日はKO勝ちが見れたら最高ですね。
日本は軽い階級の世界チャンピオンは多いですが、重い階級の世界チャンピオンはなかなか出てこないので、村田選手が世界チャンピオンになれば間違い無く日本のボクシング史上に名を残すボクサーになるでしょうね。

まとめ

日本人のミドル級王者といえば竹原慎二さんがいましたが、竹原さん以来のミドル級王者ということで注目が集まっていますね。
ミドル級には最強王者のゴロフキンという選手がいるのでぜひ村田選手とゴロフキン選手の戦いが見てみたいですね。
ボクシングの大ファンとして有名な香川照之さんは村田選手とゴロフキン選手の試合を見ることが老後の唯一の楽しみのようです(笑)
日本には井上尚弥選手や山中慎介選手などパウンドフォーパウンドのランキングに入るような世界的に有名な選手もいるので村田選手にもぜひそうなってもらいたいですね。
世界チャンピオンになればラスベガスでの試合も見えてくるので、ラスベガスで村田選手が世界的な強豪と闘う姿を見てみたいですね。
重量級の日本人ボクサーはパンチ力で外国人選手に劣るという考え方も強く、だから重量級で世界の強豪と闘える選手が出てこないという意見もありますが、村田選手にそのような評価を覆して欲しいですね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ