大山悠輔の守備やホームランの評価やドラフトの秘話について

この記事は2分で読めます

阪神の大山悠輔内野手について書いていきます。
大山悠輔選手は2017年のドラフト1位で入ってきた選手ですね。
全日本で四番を務めたこともある大学球界を代表するような右打者だったそうです。

大山悠輔の守備やホームランの評価について

大山選手は高い守備力と長打力が魅力的な選手だと思います。
特に守備力はプロでも即戦力だと考えられていたようです。
スローングの正確さにも定評があり、大学の監督によると大山選手がすローイングでミスをしたことろを見たことが無いようです。

 

大山選手は現在1軍のスタメンで出る事も多いですね。
打率も昨年の高山選手と変わらないくらいの成績を残しており、想像以上の活躍だと思います。
多くの野球関係者は大山選手が一年目から活躍することは難しいと考えていたようですが、全然一軍で通用するバッティングや守備を見せていますね。
これから阪神には欠かせない選手になっていくかもしれませんね。

大山悠輔のドラフト指名について

2016年のドラフトでは阪神は田中正義投手佐々木千隼投手を指名するのではないかと言われていました。
大山選手はドラフト1位候補にも入れていない球団がほとんどだったので、ドラフト一巡目で阪神が指名したときは会場から「え~っ。」という声が響いていましたね。
しれだけ大山選手の一位指名は誰もが予想しなかったことだと思います。
私自身も佐々木千隼投手を指名して欲しいなと思っていたので、正直少し残念に思っていました。

金本監督によるとチームの補強ポイントは野手だと思ったそうです。
2016年のシーズンで先発投手は安定した成績を残していましたが野手で結果を出せない選手もいましたね。
阪神には右バッターでホームランを量産出来るような選手がいないので、大山選手にそのような選手になって欲しかったようです。
大山選手は今のところドラフト一位にふさわしい結果を残してくれているので、金本監督の考えが当たったと言えるでしょうね。
長打力がある選手は相手投手にプレッシャーもかかりますし、フォアボールも増えるので、打線に1人でも多く入れたほうがようのかもしれませんね。
金本監督は身体能力が高い選手が好きですし、オリックスからのFAで糸井選手を獲得したこともあり、迫力のある打線を作りたいのでしょうね。
金本監督は選手時代ホームランバッターだったので、金本監督のように40本くらいのホームランが狙える選手が今後の阪神に必要になってくるかもしれませんね。

まとめ

大山選手にはこれから阪神の打線を引っ張るくらいの気持ちでやってほしいですし、ファンも期待したいですね。
「2年目のジンスク」という言葉もあるように、2年目に成績を落とす選手も多いので大山選手には来年も成績を上げて欲しいですね。
高山選手も2年目である今年成績を落としてしまっていますが、相手投手が対策をしやすくなるのかもしれませんね。
高山選手や大山選手や中谷選手など、阪神には素質の良い選手がたくさんいるのでこれから楽しみですね。
優れた選手でもプロの世界に来てすぐに対応出来るような選手は希ですし、しっかり慣れていくうちに成績が上がっていくのでしょうね。

大山選手は3割20ホームランくらい打てる選手になって貰いたいですね。
阪神は現在投手の成績が安定していて打者の成績が物足りないという状況だと思うので、大山選手ももっと成績を上げられるように頑張って欲しいですね。
セ・リーグ2位の阪神がセ・リーグ首位の広島に負けているのは打撃力だと思うので、これから広島に負けないような打線になって欲しいですね。
大山選手のような若い選手がどんどん試合で活躍すれば阪神打線ももっと勢いが付いてくるでしょうね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ