よろずの情報館

いろいろなニュースや日々の生活に役立つことなどを書いていきます。

野球

ヤクルト真中監督の後任監督の候補は誰?次期監督は古田か高津?

投稿日:2017年8月21日 更新日:

ヤクルトの真中監督が辞任する意向を発表されましたね。
今季も昨季もヤクルトは成績が振るわなかったので、真中監督は責任をとって辞任の意向を発表したようです。
現在最下位で5位とかなりゲーム差を開けられているのでファンは現状のヤクルトに満足していないでしょうね。
強力打線も今年は影を潜め、投打共に不調の状態ですね。

後任監督について

気になるのは「真中監督の後任監督は誰になるのか?」ということですね。
現在噂に挙がっているのは古田敦也さんです。

古田さんは一度ヤクルトの監督を2年間努めましたが、1年目は3位、2年目は最下位という結果に終わりました。
2年間のみの監督生活でしたね。

古田さんは2年間「選手兼監督」という立場でされていたので、やりにくさはあったかもしれませんね。
監督の専任になれば監督業に100パーセントのエネルギーを使えるのでやりやすいでしょうね。

 

古田さんは一度監督をしてチームが最下位になったことがあるので監督としての実力に疑問を持つ人も多いようですが、個人的にはもう一度ヤクルトの監督をしてほしいと思います。
古田さんは名実共にヤクルトの監督にふさわしい方だと思いますし、名キャッチャーということで頭も良い方だと思うので、もう一度監督をすれば結果を出すのではないかと思います。
古田さんは現在52歳でプロ野球の監督をするにはぴったりの年齢なのではないかと思います。

古田さんは歴代最高のキャッチャーとの呼び声も多くファンからの評価も高い方なので、もう一度古田さんがヤクルトのユニフォームを着てチームを指揮する姿が見たいです。

古田さん以外の後任監督候補について

古田さん以外では高津二軍監督も噂に挙がっているようです。

高津二軍監督も経験豊富ですし、メジャーでのプレー経験もあるので監督候補として良いかもしれませんね。
現在のヤクルトは投手力が良くないので、投手力アップの為には名投手が監督をするのも良いかもしれませんね。

真中監督の退任の可能性について

真中監督は辞任の意向を示しているそうですが、球団は真中監督に続投を要請するようです。
二年前にチームを優勝に導いた監督なので、手腕は評価しているのかもしれませんね。
二年前の優勝からチームがこんなに転落するとは思ってもみませんでしたね。
昨年は誰も予想していなかった広島が優勝しましたし、野球は本当に何があるか分からない難しいスポーツなのでしょうね。

 

真中監督は現状のチームの状態に対して大きな責任を感じているでしょうし、おそらく続投要請は受けないのではないかと思います。
プロ野球の世界は結果が全てだと思いますし、結果が出せなければ責任を取って辞めたくなるのは当然なのではないでしょうかね。

名監督について

名監督と呼ばれる監督は今まで何人かいましたが、近年で代表的な名監督は落合博満さんだと思います。

中日を優勝の常連チームまで一気に引き上げた手腕は見事でしたね。
金本監督や矢野コーチや江川卓さんも落合さんの手腕を高く評価していました。
落合さんは現役時代三冠王を3回獲得していたので、選手としても監督としても超一流の方ですね。

落合さんが監督を退任される時は中日のファン以外も多くの方が残念がったそうです。
落合さんの野球はどんな人が見ても学ぶことが多かったらしく、落合さんの野球がもう見れなくなると考えたら多くの人が寂しくなったようです。

落合博満のチーム作りや練習について

落合さんはFAや外国人の補強には消極的で「今いる選手を育てる。」という方針でした。
その為、練習内容は12球団で1番キツかったそうでかなりスパルタだったようです。

選手からすれば落合監督のノックはかなり嫌だったそうです。
プロ野球の球団の練習は選手に任せてキツイ練習を強制したりする球団は少ないようですが、中日は昔ながらのスパルタ練習が中心だったようで、走り込みも凄く多かったようです。
この練習について初めは賛否両論あったようですが、落合さんが指揮をとるようになってから中日が明らかに強くなったので、落合さんに反対意見を述べる人はいなくなったようです。

 

現在はスポーツ科学も発達して昔のような根性練に反対意見を持つ人も多いようですが、落合さんは昔のような根性練が今のプロ野球界に必要だと思ったそうです。
自分の意見に基づいたチーム作りをして圧倒的な結果を出したのですから誰も文句が言えないですね(笑)
落合さんの練習メニューは今の選手からは驚かれることが多いようですが、昔の選手からは特に驚かれなかったようです。
昔のプロ野球界はキツい練習をするのが当然だったようです。

古田さんの現役時代について

古田さんは現役時代、打って守れるキャッチャーとして有名でした。
キャッチングも上手く投手からの評価も凄く高かったようです。

オリンピックなどの世界大会でもスタメンマスクを被ることが多かったので、まさに「球界を代表するキャッチャー」でした。
特に盗塁阻止率は歴代1位の成績を残しており、相手からすれば凄く嫌なキャッチャーだったと思います(笑)
バッティングでも首位打者をとったこともあり、バッティングのレベルの球界トップクラスでした。

まとめ

真中監督がこれからどのようなコメントをするのか注目ですね。
2年前にヤクルトで優勝された監督なので少し寂しい感じもしますね。
チームの成績の責任は監督に掛かるので、真中監督は凄く責任を感じているのでしょうね。
現在のヤクルトの成績は少し悪すぎるような気がしますし、プロ野球界はファンがいて初めて成り立つものだと思うので、ファンが見に行きたいと思えるような成績でないと責任を感じるのは当然でしょうね。

ヤクルトはチームの雰囲気を大きく変える必要があるでしょうし、インパクトのある方を後任監督にすべきかもしれませんね。

-野球
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

秋山拓巳の阪神でのバッティングや高校時代の打撃について

秋山拓巳投手について書いていきます。 デビューしてからなかなか成績が安定しない年が続きましたが、今年は安定した成績を残していますね。 阪神のローテーションにはなくてはならないピッチャーにまで成長しまし …

清宮幸太郎の意中の球団や意中ではない球団はどこ?

清宮幸太郎選手が12球団OKでは無い可能性が出てきましたね。 11球団の指名が重複するのではないかと言われていますのでこのニュースは多くの球団にとってはショッキングですね。 多くの選手は12球団OKで …

赤星憲広の引退理由や女好きの噂について!キレた事件についても

赤星憲広さんについて書いていきます。 赤星さんは元阪神タイガースの選手で「レッドスター」と呼ばれた瞬足の持ち主ですね。 金本監督や矢野コーチと同じ時期にプレーし阪神を優勝に導きましたね。 Conten …

クライマックスシリーズの雨の場合のルールは?雨天中止?

クライマックスシリーズが始まろうとしていますが、天候が心配されていますね。 雨の予報なので雨が降った場合のルールについて注目が集まっています。 せっかくのクライマックスシリーズなので雨が降らないのが一 …

清宮幸太郎は評価しすぎ?現在は低い?守備は下手?

清宮幸太郎選手について書いていきたいと思います。 清宮幸太郎選手は現在オープン戦に出場していてヒットが出なくて話題になっていますね。 バッティングだけではなく守備についても注目が集まっているので取り上 …