金本監督が無能采配の評判?野村さんの評価がよくない?

この記事は2分で読めます

阪神タイガースの金本知憲監督について書いていきます。
金本監督は2016年に監督になり、阪神の雰囲気ががらっと変わりましたね。
金本監督の采配は様々なところで物議を醸し出しているようです。

スポンサードリンク

Contents

金本監督の采配に対する評価について

金本監督の采配を批判するプロ野球関係者も多いようです。
昨シーズン優勝を期待されながらBクラスの4位に終わってしまったのでそのことで批判する人も多いのでしょうね。
例えば野村克也さんも金本監督の采配を批判していました。

昨シーズンは本当に「日替わりオーダー」だったので、「オーダーはある程度固定すべきだ。」というような意見がありました。
毎日オーダーが変わるチームなんてなかなか見ないですし、昨シーズンの阪神は異例の事態でしたね。

金本采配に対する阪神ファンからの評価は?

金本監督の采配は阪神ファンからの評価は高いようです。
阪神は今までFA補強も多かったですし、生え抜きの若い選手があまり使われない球団でした。
その為ファンからは「若手を育てろ。」という声が多くありました。
以前の阪神はスタメンのメンバーのほとんどが他球団から移籍してきた選手だったので「外様球団」と言われていたこともありました。

昨シーズンはBクラスに終わってしまいましたが、今シーズンは現在2位なので、金本監督が昨シーズン若手を積極的に使ったことは無駄では無かったと言えるのではないでしょうかね。

スポンサードリンク

FA補強について

阪神や巨人など、資金力が豊かなチームはFAで実力のある選手を補強することが多いですね。
しかし、このことについては賛否両論ありますね。
FAによって他球団から実力も実績もある選手がきたら当然戦力アップになるから有利だという意見がありますが、その反面、伸び盛りの若手が育たないのではないかとも言われています。
例えば巨人は今年日本ハムから陽岱鋼選手、横浜DeNAから山口俊投手、ソフトバンクホークスから森福允彦投手がFAで来て、超大型補強と言われました。
プロ野球の関係者からは巨人がセ・リーグを制覇すると考えた人が凄く多かったのですが、蓋を開けてみればBクラスでクライマックスシリーズの出場さえ危ぶまれている状態ですね。

FA補強はチームのまとまりが無くなる可能性がある少しリスクのある行為なのかもしれませんね。
また、FAで大型の選手をとった場合、スタメンで使わざるを得ない雰囲気もあるので、若手がやる気をなくすかもしれませんね。

外国人補強について

助っ人外国人の補強についても賛否両論あります。
名監督として有名だった落合博満さんは助っ人外国人による補強は消極的だったようです。
理由は外国人が日本で通用するかどうかは使ってみないと全然分からないそうで、一定期間は打てなくても使い続けなければいけないので、それが嫌だったようです。
外国人選手は海外での成績が秀でていても日本の野球には合わなくて日本で全然活躍できない選手もあるので、外国人による補強は本当に難しいのでしょうね。

まとめ

金本監督は個人的には凄く良い監督だと思っています。
今年は優勝は難しいかもしれませんが、クライマックスシリーズで買ってぜひ日本一になって貰いたいですね。

今の阪神に足りないのは打撃力だと思いますし、打撃力の引き上げを頑張って欲しいですね。
金本監督が就任してから阪神の野球は凄く面白くなりましたし、阪神のチーム全体が明るく元気になったと思うので良かったと思います。
金本監督は勢いのあるようなチームを作ることが上手だと思いますし、広島カープのような打線を作って欲しいですね。

今年のドラフトで阪神がどのような選手を指名するのかも見ものですね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ