矢野コーチの坂本への評価は?乱闘での飛び蹴りについても!

この記事は2分で読めます

矢野輝弘コーチについて書いていきます。
矢野コーチは現在阪神のヘッドコーチをして、金本監督と共に阪神を指揮していますね。

矢野コーチの坂本誠志郎への評価について

阪神は現在絶対的な正捕手がいないような状況ですが、捕手出身の矢野コーチが注目している捕手で坂本誠志郎という選手がいます。

明治大学出身の選手で、高山俊選手と同じ年にドラフト2位で阪神に入団してきた選手です。
大学野球では日本代表の正捕手を務めていたそうで、人柄も良く、投手からの信頼も厚かったそうです。
真面目で誠実な性格の持ち主のようで、頭も良いので、凄く頼りになる捕手としてキャプテンも勤めていたそうです。

坂本選手は圧倒的な打撃力や肩力があるわけではないですが、投手とのコミュニケーションも上手く、堅実なリードが持ち味の捕手です。
タイプで言えば矢野コーチに近いタイプの捕手だと思っています。

現在の阪神は梅野選手か岡崎選手がスタメンマスクを被る事が多いですね。
しかし、2者とも圧倒的な実力があるわけではないので、これから坂本選手がスタメンマスクを奪う可能性もあると思います。

捕手はバッティングよりも守備力が求められるポジションだと思いますし、投手に気持ちよく投げさせて失点を少しでも少なくするのが最大の仕事だと思っています。
坂本選手はリードは凄く上手い捕手だと思うので、これから出場機会が増えてくるのではないかと思っています。

矢野コーチの乱闘について

矢野コーチが以前乱闘で飛び蹴りをしたことが話題になりましたね(苦笑)
藤浪晋太郎投手がヤクルト戦で何度も相手バッターに危険球を投げ、相手チームがしびれを切らして激怒し、乱闘になったとき、矢野コーチが藤浪投手を守ろうとして飛び蹴りをしたそうです。
この結果矢野コーチは退場になってしまいましたね。

どんな時でも暴行をするのは良くないですし、矢野コーチにはこの時批判が集まりましたね。

矢野コーチには温厚な性格のイメージを持っている方が多かったので、この時の矢野コーチには驚いた人も多かったようです。

藤浪投手はこの日、顔面付近にボールが何度もいっていましたし、藤浪投手のような速いボールでデッドボールが起こると、骨折をして長期離脱の可能性もあるので、相手チームが怒るのも無理はないかもしれませんね。

スポンサードリンク

矢野コーチと金本監督の関係について

金本監督は監督に就任する際、コーチをご自身で選ばれたようです。
その中で1番最初に連絡をしたのが矢野コーチだったようです。
金本監督は自分は投手のことはよくわからないから矢野コーチのような投手や捕手に詳しい人をコーチにしたかったそうです。
投手や捕手のことはほとんど矢野コーチに任せているそうです。

現役時代一緒に阪神を引っ張った仲なのでお互いの凄さがよくわかっているのでしょうね。
金本監督は阪神のコーチ陣を結成する時に「仲良し内閣はしない。」と考えたそうで、仲が良い人ではなく、心から信頼できる人を選んだそうです。
例えば下柳剛さんは同年代で仲がとても良いそうなのですが、金本監督はオファーをしなかったそうです。
遊びではなく仕事なので、実力で選ぶのは当然かもしれませんね。

まとめ

矢野コーチは金本監督からの信頼も凄く厚いようなので、ぜひ阪神を日本一に導いて欲しいですね。
阪神は城島選手が抜けてから、絶対的な正捕手がいないような状態なので、球界を代表するようなキャッチャーを育てて欲しいですね。

捕手は1番大切で大変なポジションと言っても過言ではないと思いますが、その分凄く難しいポジションだと思うので、なかなか名捕手は出てこないのでしょうね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ