ふぁんたじすた

いろいろなニュースや日々の生活に役立つことなどを書いていきます。

ノウハウ

ピアスホールの拡張方法(やり方)と注意点。

投稿日:


ファッションでピアスを楽しんでいる方は一度は拡張という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。
拡張とは文字通りピアスホールを大きくすることなのですが、拡張するとつけられるピアスデザインが増えたりホールが安定しやすくなるなどのメリットがあります。

そこで今回はピアスホールの拡張方法と注意点について書いていきたいと思います。

耳たぶの拡張にはストレートバーベルが無難

今回16Gから14Gに拡張したのは耳たぶに空いたホールなのですが、使うピアスはストレートバーベルタイプが無難だと感じました。

以前セグメントリングを使って拡張した時は、寝る時に圧迫してしまったのか血が出たり安定しづらかったりしました。
形状的にリング型のピアスやそれに近い形状のピアス、スパイラルバーベルなどは耳のラインからはみ出るので、トラブルも起こりやすいのかなと思います。

その点シンプルな形状であるストレートバーベルならピアスが重みで動くこともないですし、寝る時も邪魔になりません。
両ねじ式のピアスならカスタムも楽しめるので、シンプルなのに遊べる点も高評価です。

ちなみに今回使用したのはメディストアで売られているストレートバーベルとそれに対応したステンレス製カスタムパーツです。

インサーションピンが非常に優秀

拡張はピアスをそのまま穴にぶっ刺すことでもできますが、安全ややりやすさを考えるとインサーションピンの使用がオススメです。インサーションピンは針のような形状で、細い方から耳に通し、太い方にはつけたいピアスを接続するというものです。これを使えば小さなピアスホールでも、1段階上のゲージ程度なら無理なく拡張することができます。

また、スルッと入れたい人は軟膏を併用するとなお良いです。
ボディピアスが好きな人はつけたいピアスの形状によって、インターナル用・エクスターナル用の両方を持っておくといいでしょう。

ピアス拡張をする時の注意点

拡張をする時の注意点としては、ホールの皮膚が安定している時に行うのがベストです。
そして、もし拡張して出血や傷みなどのトラブルが長引いたら拡張前に使っていたピアスに戻して様子を見ましょう。

一度断念した拡張でも、日を改めて行えばすんなりといける場合もあるので悲観的になる必要はありません。
そのため、拡張に慣れていない人は、安全に気をつけて焦らずホールを育てていくのがいいでしょう。

以上がピアスホールの拡張方法と注意点となります。

-ノウハウ

執筆者:

関連記事

うつ病の治し方や改善するために実行したことは?自力でも可能?

近年ストレス社会ということもあり、社会的な問題ともなっている鬱病ですが、鬱病になったら一生付き合っていかないといけない、絶対に治らないと思っている人も多いのではないでしょうか。短期間で鬱病を改善するの …

株の税金や確定申告について。3分でわかる株の確定申告。

政府主導の政策により貯蓄から投資へという言葉が言われてからしばらく経ちますが、昨今ではNISAやつみたてNISAなど新しい優遇策でさらに国民の投資意欲を増そうという動きが続いています。 そんな中、株式 …

iPadの消灯時間を変更する方法は?。画面がすぐに暗くなる場合。

iPadを利用していてよくあるのがちょっと画面にタッチしない時間が空いてしまうと画面が暗くなってしまうというケース。これは画面が自動的にスリープモードになることによりロックがかかってしまうことに起因し …

相席屋の一人参加は男も女もOK?ブスに当たった場合は?

相席屋という居酒屋が話題を集めていますね。 皆男女の出会いが少ないと言われているので、このようなシステムはありがたいのでしょうね。 相席屋に興味があるけど詳細が分からずに行きにくいという方もいると思う …