ルイスネリのドーピングに対する処罰や対応は?無効試合?

この記事は2分で読めます

先日山中慎介選手に4回TKO勝ちして注目を集めたルイスネリ選手が薬物検査で陽性反応が出たとニュースで言われましたね。
ルイスネリ選手はこれから名チャンピオンになるのではないかと言われていましたが一気に評価を落とすことになりましたね。
報道によると筋肉増強作用のある物質に陽性反応が出たそうです。

スポンサードリンク

ルイスネリに対する処罰や対応について

ルイスネリ選手に対する処罰や対応はまだ何も発表されていません。
これから話合われるのかもしれませんね。
山中選手との試合についてですが、無効試合になるのではないかとも言われています。
ドーピングをしている時点で、公平な勝負にはならないですし、無効試合にすべきかもしれませんね。

 

ロンドン世界陸上男子100メートルで金メダルを獲ったジャスティンガトリン選手も以前ドーピングをしていたことで話題になりましたね。
スポーツはファンがいてこそ成り立つものだと思いますし、ファンの皆さんをがっかりさせないために正々堂々とした戦いをすることは義務ですね。

 

ドーピングをしたときの処罰として一般的なのは数ヶ月もしくは数年の出場停止ですね。
ルイスネリー選手もそのような処罰が下るのではないかと思います。
せっかく世界チャンピオンにKO勝ちしたのにこのようなことをすると一気に価値がなくなり悪者になってしまうので勿体ないですね。
後々バレる可能性が高いのになぜこのようなことをするのか理解に苦しみますね。

ドーピングの効果について

ドーピングの効果について元陸上10種競技チャンピオンの武井壮さんが言っていたのですが、かなり大きいようです。
明らかにナチュラルでは手に入らないような力が手に入るので、一度使ったらもうフェアな戦いは出来ないと語っていました。

 

また、ドーピングをした選手はよく、「故意ではなく不注意で摂取してしまった。」と主張する人も多いようですが、世界トップクラスの選手はドーピングち対する知識を持っていて当たり前のようですし、不注意でドーピングしてしまうなんてことは絶対に無いようなことのようです。
成分が心配な場合は周りにいる人に聞けばすぐに分かることですし、不注意で摂取するのは単なる言い訳なのでしょうね。

 

現在のドーピング検査の精度は上がり、検出されないことは無いそうなので、絶対に辞めて欲しいですね。

昔のオリンピックの金メダリストが引退して10年以上経った後過去のドーピングの自白をして金メダルを剥奪される、なんてこともあります。
ドーピングをすれば自分自身のプライドも傷つき、後々後悔することにもつながるのでやめてほしいですね。

スポンサードリンク

まとめ

ルイスネリー選手と山中選手は再戦するのではないかないかと言われていましたが、今回のドーピングの件でおそらく無いでしょうね(苦笑)
山中選手が再戦でルイスネリー選手を倒す姿を見たかったのですが残念ですね。

 

ルイスネリー選手と山中選手の試合が無効になって山中選手のキャリアが無敗に戻るかもしれませんね。

武井壮だんが言っていましたが、ドーピングは自分のキャリアが傷つくだけではなく、スポーツ全体の信用を落としますし、多くの人に迷惑をかける行為なので絶対にしてはいけないですね。

スポーツの世界は周りからのプレッシャーがかなりかかる世界ですし、ドーピングに逃げたくなるのかもしれませんが、フェアな戦いに勝ってこそ真のスポーツ選手だと思うので、決してドーピングに逃げてはいけませんね。

 

ルイスネリ選手や山中慎介選手がこれからどのようなコメントをするのか見ものですね。
山中選手のWBS世界バンタム級のチャンピオンベルトがもしかしたらそのまま戻ってくるかもしれませんね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ