坂上忍がタメ口のハーフタレントを批判!誰のこと?

この記事は2分で読めます

坂上忍さんがタメ口キャラのタレントについて批判していましたね。
少し前にビートたけしさんがタメ口キャラのタレントについて大きく批判しましたが、坂上さんはビートたけしさんの意見に賛同していましたね。

スポンサードリンク

ハーフタレントは誰のこと?

現在タメ口のハーフタレントと聞けばダレノガレ明美さんやローラさんが思いつきますね。
明るいキャラクターなので、タメ口が受け入れられている感じがしなくもないですね。
ローラさんがタメ口キャラで大ブレイクしたので、他のタレントもタメ口キャラのポジションを狙っているのかもしれませんね。

 

年配の方は礼儀作法を重んじる人も多いので、そのような人からすればタメ口キャラは考えられないようなキャラクターなのでしょうね。

昔は現在よりも礼儀作法などが厳しかったでしょうし、目上の人にタメ口で話すなんてことはあり得なかったのでしょうね。

坂上さんはご自身のことを「善悪潔癖」と言っていますし、目上の人にタメ口で話すことが許せなかったのでしょうね。

タメ口キャラについて著名人の評価は?

以前とある番組でローラさんについての話が出たのですが、マツコデラックスさんはローラさんのタメ口に対して全く嫌な気がしないそうです。タメ口で話されたら普通は嫌な気がするのに、嫌な気にならないローラは凄いと言っていました(笑)有吉さんもマツコさんの意見に賛同していました。

ローラさんは皆から好かれている感じがしますし、明るいキャラクターなので嫌いな人は少ないのかもしれませんね。

 

しかしローラさんはまだ若いから良いですが、これからずっとタメ口キャラで行くのは難しいかもしれませんね。
非常識が面白がられるのは若いうちだけだと思いますし、30歳を超えてタメ口キャラなのは少し痛い気がしますね。

ローラさんのキャラクターについて

ローラさんのキャラクターについて「作っているのではないか?」と、考えている人も多いようですが、ローラさんのキャラクターは天然のようです。
ローラさんは凄く恥ずかしがりの人のようなそれを隠すためにあのようなキャラクターになったのではないかと言われています。
「性格は心の傷のかさぶたである。」という考えもありますが、ローラさんも明るく見せなければいけないような心の傷があるのかもしれませんね。

スポンサードリンク

坂上忍さんの性格について

坂上忍さんは自分を曲げられないような性格のようで、誰に対してもハッキリ言うタイプの性格の方ですね。
厳しい考えを持った方だと思いますし、他の人がちゃんとしていないのを見ると批判したくなるのかもしれませんね。
坂上さんは幼少期に父親が多くの借金を作って家を出てしまった過去があるのでそのような過去が善悪潔癖である現在の性格を作ったのでしょうね。

 

坂上さんは遅刻などは許せないそうですが、ご自身は仕事場に酔っ払って来ることはあるそうです(笑)
職場に酔っ払ってくることなんて有り得ないと考える人も多いと思いますが、坂上さんの価値観では悪ではないのでしょうね(笑)
善や悪は個人の価値観によって変わってしまうものなので、自分が悪だと思うことに関しては厳しいけれども自分が悪ではないと思うことには許容的なのでしょうね。

まとめ

日本は礼儀作法を重んじる国なのでタメ口キャラに対して批判的な考えを持っている方は他にもいるでしょうね。
ローラさんらダレノガレさんも大御所の方からのお怒りがあれば改めるかもしれませんね。
しかし、人間の性格は変えようと思っても簡単に変えられるものではないので大人になってから大きく変えるのは難しいのかもしれませんね。
タメ口タレントは一時的に流行っただけかもしれませんし、これからどうなっていくのか見ものですね。

スポンサードリンク

関連記事はコチラ↓
ロンブー田村淳の緊急重大発表の内容の予想は?政界進出?引退?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ