マホトとヒカルの関係は?はじめしゃちょーとの違いについても

この記事は2分で読めます

現在YouTuberのマホトさんがヒカルさんを批判していることで話題になっていますね。
マホトさんはヒカルさんのモノマネをして、詐欺注意運動をされていましたね(笑)
明らかにヒカルさんに対する敵視丸出しの動画を上げて話題になっていましたね。

スポンサードリンク

マホトとヒカルに関係は?

マホトさんとヒカルさんは特に深い関係が無いようですね。
ヒカルさんは動画内で何度かマホトさんに対してコラボの依頼を出していたようですが、マホトさんはヒカルさんのオファーを断り続けていたようですね。

マホトさん曰くヒカルさんには興味が無いようです。
マホトさんははじめしゃちょーやヒカキンさんともコラボしていますし、マホトさんはヒカルさんのような人が好きでは無いのかもしれませんね。
ヒカルさんは以前コラボしたいYouTuberを発表し、様々なYouTuberの名前を上げていましたが、その中でコラボが実現したのは勢いが落ちていたマックスむらいさんだけですね。
ヒカルさんはもしかしたら、YouTube業界で評判が悪いのかもしれませんね。
マホトさんはジェネシスワン所属ですが、ヒカキンさんやはじめしゃちょーさんなど他事務所のYouTuberとコラボすることはあってもヒカルさんとはコラボしなかったので、ヒカルさんとは性格が合わないと思っているのかもしれませんね。

マホトのVALU騒動に対するコメントについて

マホトさんが9月3日の動画でヒカルさんのVALU騒動についてのコメントをしていましたね。
その動画でヒカルさんに対する怒りが感じられましたね。

ヒカルさんは現在プチ活動休止のような状況ですが、ヒカルさんに対して他のYouTuberが帰ってくるようにコメントしていないことも指摘していましたね。
以前はじめしゃちょーが三股で浮気した時には様々なYouTuberが動画ではじめしゃちょーに帰ってくるようにコメントしていたことにも触れており、ヒカルさんにははじめしゃちょーのような人望が無いと指摘したいのでしょうね。
そして、動画の最後にヒカルさんに対して「チャンネルを捨てて新しいチャンネルで0からスタートしたらどうか?」と言っていました。
ヒカルさんは日本一のYouTuberを目指していてそれは今も変わらないでしょうし、今からチャンネルを捨てることは日本一のYouTuberになることを諦めるに等しいのではないかと思います。ヒカルさんが宣言した「三年以内に日本一のYouTuberになる」というのは絶対に不可能になりますね。

マホトさんの動画はヒカルさんは間違い無く見ていると思いますが、おそらくYouTubeチャンネルを捨てるというのはしないと思います。
ヒカルさんにとってはかなりリスクが大きい行為ですし、今から登録者0から始めてもなかなか増えないのではないかと思います。

ヒカルさんへの他のYouTuberの評価は?

ヒカルさんはヒカキンさんやはじめしゃちょーさんなど、他事務所の大物YouTuberについて名前を出すことがありますが、他事務所のYouTuberはヒカルさんの名前を出すことはほとんど無いですね。
ヒカルさんには触れないほうが良いと思わせるオーラがあるのかもしれませんね。

ヒカキンさんもみずにゃんさんがVALU事件に対して批判している動画を再生リストに入れたりしましたし、ヒカルさんは他のYouTuberから好かれていないのでしょうね。
今回のVALU事件はYouTuberに対する社会的な印象を下げたのは間違いないと思うので、他のYouTuberはヒカルさんに対して批判的な意見を持っている人も多いでしょうね。
マホトさんはヒカルさんよりも年下ですが、年上の人に向かってこのような動画を出したということは、ヒカルさんに対して相当怒っているのでしょうね。

スポンサードリンク

まとめ

信用は積み重ねるのは大変ですが、失う時には一気に失ってしまうものなので、注意が必要ですね。
ヒカルさんのチャンネルは凄い勢いで伸びていましたが、今回の件で失速してしまったのは間違いないでしょうね。
ヒカルさんがこれから信用を取り戻すのはかなり難しいことでしょうし無理かもいれませんね。
ヒカルさんだけではなく、禁断ボーイズやラファエルさんも動画投稿が止まっているので、次回の動画でVALUの件について触れるのかもしれませんね。
ネクストステージの顧問だった井川拓哉さんも辞任されましたし、ネクストステージはこれから厳しい戦いになっていくでしょうね。
上場を目指していたそうですが、かなり遠のいてしまったような状態ですね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ