陸上のフライング一発失格になったのはなぜ?理由は?

この記事は2分で読めます

世界陸上が相変わらず凄い盛り上がりを見せていますね。
特に男子短距離は日本人選手が世界の強豪相手に戦える状況なので日本中から注目が集まっていますね。
しかし時間が時間だだけになかなかリアルタイムで見るのは難しいかもしれませんね。
私も録画していつも空いている時に見ています(笑)

スポンサードリンク

フライングが一発失格になった理由は?

みなさん、フライングが一発失格になった原因についてご存知でしょうか?
フライング失格のルールの歴史は
「同じ選手が2回フライングしたら失格」→「2回目にフライングをした選手が失格」→「1回でもフライングしたらその選手が失格」
という風に変わってきました。
どんどん厳しくなってきたということですね。

厳しくなった理由については「フライングは反則だから反則を認めていること自体がおかしい」という意見が多かったようです。
「2回目にフライングをした人が失格」というルールだった時代は、戦略の為にわざと一回フライングをするような選手も多かったようです。
陸上競技はフライングが出やすい競技なので、スタートが苦手な選手にとったら1回で失格というのはなかなか厳しいでしょうね。
特に100Mは、0.01秒でも早く反応しないといけないので、フライングのリスクは高いでしょうね。

中学生や高校生の試合では、スターターはプロではないので、ピストルを撃つタイミングがおかしいスターターもいます。
そのような時に対応するのも大変でしょうね。

1発失格になったメリットとしてはテレビ放送がしやすくなったようです(笑)
陸上のスタートやり直しは数分間かかったりすることもありますし、テレビ放送の時間が少しずれてしまったりすることがあったようです。
しかし、フライング1発失格のルールが出来てから、フライングをする選手はほぼいなくなったので、競技のタイムテーブルが狂うことはほぼ無くなったようです。

スポンサードリンク

フライング1発失格になった時の選手の反応は?

フライング1発失格のルールが適応になったとき選手からは批判の声も多かったようです。
フライングが1回出来るのと出来ないのとでは選手の心理的負荷が全然違いますし、積極的なスタートが切れなくなって世界記録の更新などが難しくなると言われていました。

あのウサイン・ボルト選手の100メートルの世界大会の決勝でフライング失格をしましたね。
世界記録や自己ベストなどを狙おうとするとどうしてもある程度はピストルのタイミングを予測することになるので、フライングのリスクがどうしても高くなりますね。

 

もちろん2回のフライングで失格というルールにも色々と弊害があるので、一概にどちらが良いとか悪いとかは言えないでしょうね。
陸上のフライングの定義はピストルよりも早くブリックに力が加わったらフライングになるのではなく、ピストルの音が鳴ってから「0.10秒以内」にブロックに力が加わったらフライングのようです。
以前桐生祥秀選手は海外の試合で0.08秒で反応してしまい、フライングになりました。
本人はフライングをした自覚がなかったそうで、最高のスタートが決まったと思えばフライングを取られたようです。
選手はきちんと出ているつもりなのに、ルールによってフライングを取られたら、納得出来ない選手もいるでしょうね。

まとめ

スポーツのルールを変更する時、必ず反対する人が一定数出てきますが、それはある意味仕方が無いことかもしれませんね。
1発失格になって選手にとっては過酷なルールになりましたが、視聴者からすればフライングが減ってストレス無くみれるようになりましたね(笑)
陸上の人気を高めるという点においてはプラスに働いたのではないかと私は思います。
スポーツはファンがいてこそ、経済的に成り立つものなので、ファンの気持ちを考えることも大切でしょうね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ