ヒカルの謝罪動画の内容は嘘?VALUの反論をわかりやすく

この記事は2分で読めます

ヒカルさんが9月4日に謝罪動画を上げましたが、その内容についてBALU側が反論をしましたね。
ヒカルさんの動画の内容が真実であればVALU側にも落ち度があるということなので、VALU側は真実で無いのであればすぐに否定して当然ですね。
ヒカルさや、ラファエルさんや、いっくんが証拠を持っているのであればぜひ公開して欲しいですね(笑)

スポンサードリンク

ヒカルの謝罪動画に対する反論について

まずヒカルさんは謝罪動画の中で「初めからVALU側と関与していた。」と言っていました。
VALUが関わっていたとしたら、VALU側にも責任があるということであり、ヒカルさん、ラファエルさん、いっくんだけに責任を押し付けるのはおかしいかもしれませんね。
ヒカルさんの主張に対し、VALU側の反論はこちらです。

「VAZ社側から当社に対して『VALUに人気YouTuberをアサインできないか』と事前に相談があり、当社がVAZ社の関係者に対してVALUの仕組みを説明したことや、優待の内容について議論したことは事実ですが、ヒカル氏らによる大量売却その他の投稿内容やTwitter上での発言等について当社は関知および関与しておりません」

「当社は、VAZ社の関係者としか連絡を取っておらず、ヒカル氏らと直接やり取りをしたことはありません。したがいまして、ヒカル氏らが当社とVAZ社の関係者とのやり取りをどのように認識していたかは当社には関知し得ません」

VALU側はヒカルさん本人とは直接やり取りしていないと言っていますね。
そして、大量売却などは知らなかったと言っていますね。
大量売却について知っていたかどうかでVALU側に対する一般視聴者の印象はかなり変わりますね。
大量売却についてVALU側が知っていたのであれば、ヒカルさんに賠償請求をするのもおかしいと思いますし、VALU側にも責任の一部があると言えるのではないでしょうかね。

 

ヒカルさんは動画内で「LINEなどの証拠がある。」と仰っていましたが、VALUが大量売却について知っていたことを証明出来る証拠であれば間違い無くVALUにも責任を問えると思います。
しかし、LINEの内容を実際に動画内で公開しなかったことも少し引っかかりますね。
もしかしたら見せたとしても証拠としては力が弱いようなものなのかもしれませんね。

 

ヒカルさんの今回の謝罪動画での暴露によってVALU側は名誉を傷つけられたと言っても良いと思いますし、もしかすれば裁判になるかもしれませんね。

ヒカルさんや、ラファエルさんや、いっくんにはファンからの励ましのメールも多々来ていたようですし、今回の件に関して具体的に説明せずにはいられなかったのでしょうね。
ヒカルさん側とVALU側には主張の食い違いがあるので、どちらかが証拠を示さない限りは一般視聴者にはどうなのかわかりませんね。

スポンサードリンク

まとめ

出来ればヒカルさんに今回のBALUの反論に対する反論を動画でしてもらいですね(笑)
ヒカルさんが言っていたLINEの証拠も見せて欲しいですね。
ただヒカルさんは無期限の活動停止をもう発表されたのでしばらく動画を出すことは無いでしょうね。

 

ヒカルさんは凄く才能がある方で話すのも上手い方だと思いますが、一般的な感覚を持っていないのかもしれませんね。
「天才と変人は紙一重」という言葉もあるように、ヒカルさんは普通ではない価値観を持っていたからこそここまで抜きん出ることが出来たのかもしれませんね。
周りにきちんとした知識と感覚を持っている方が居れば止めたと思いますが、そのような方はいなかったのでしょうかね。
ヒカルさんの「三年以内に日本一のYouTuberになる。」という夢は散ってしまったような形になりましたね。
ヒカルさんは現在家族にまで被害が及んでいる状態なので、これからも大変でしょうね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ