ふぁんたじすた

いろいろなニュースや日々の生活に役立つことなどを書いていきます。

野球

根尾昂(大阪桐蔭)はガム噛んでる?兄・身長・スキーを調査!

投稿日:2018年3月15日 更新日:

根尾昂選手について書いていきます。

根尾昂選手は大阪桐蔭でプレーされていて、大阪桐蔭を代表するような選手ですね。

根尾昂選手は次のドラフトでもかなり注目されているので取り上げていきたいと思います。

根尾昂選手はピッチャーとしてもバッターとしても活躍しているだけではなく、様々なポジションを守れるような選手なのでドラフトでは多くの球団が欲しがると思います。

今回は根尾昂選手の身長・体重などのプロフィールから、兄・父など家族に関して、さらにスキーの実力まで調べてみました。

根尾昂(大阪桐蔭)の身長・体重・出身中学などのプロフィール

根尾昂選手は、身長177cm,体重75キロです。

河合小学時代は古川西クラブ、古川中学時代は飛騨高山ボーイズ、現在は大阪桐蔭高校でプレーされています。

根尾昂選手はお兄さんの影響で野球を始められました。

小学生の時からずば抜けた才能を発揮していたようで中日のジュニアチームに選抜され、小学生の時はすでに130キロに近いストレートを投げるような選手だったようです。

小学生の野球は100キロでもかなり速いボールですし、130キロのボールというのは別格の速さです。

中学時代は日本一のピッチャーと言われていて、JUNIOR ALL JAPANに選出され世界大会に出場されました。

中学三年の時には145キロのストレートを投げており、ボールが速いだけではなくコントロールも良く外角低めにコントロールされていました。

その投球を見た高橋尚成さんからは「今でもプロで通用する」とコメントされていました。

また、野球だけではなくスキーでも全国大会で優勝したり、勉強の成績もトップクラスで中学では生徒会長もしたりと文武両道のスーパー中学生だったようです。

そんな根尾昂選手は全国の高校から引く手あまたでした。

中学生で145キロのストレートを投げるような選手なんてなかなかいないため多くの高校が根尾昂選手を欲しがりました。

その中で根尾昂選手が選んだ高校は大阪桐蔭高校です。

大阪桐蔭高校は中田翔選手など数多くのスーパースターを生み出してきた高校ですし、野球を極めるにはこの上無い環境ですね。

背番号や夏の甲子園で残した成績まとめ

根尾昂選手の背番号は10です。

2017年の夏には一回戦で島根県代表の米子松蔭高校との対戦で6番ライトで出場されました。

結果は4打数2安打でチームも1対8と圧勝しました。

2回戦は智辯和歌山と対戦されました。

根尾昂選手は4番ライトで出場され、4打数1安打という成績でした。

チームは1対2で勝利されました。

三回戦はダルビッシュ有投手の母校である東北高校と対戦されました。

4番ライトで出場したものの、4打数でヒットを打つことができずチームも負けてしまいました。

2017年夏はピッチャーとしての出場は無いものの、2017年春はピッチャーとして登板されました。

結果は三回を投げ自責点0の好投でした。

春の甲子園でピッチャーとして自責点0だったのに夏の甲子園でピッチャーとして出場しなかったということは、ピッチャーとしてはまだまだだと監督が判断しているのかもしれませんね。

根尾昂(大阪桐蔭)がガム噛んでる疑惑って本当?

スーパースターの根尾昂選手ですが、試合中にガムを噛んでると話題になっています。

調べてみたのですが、事実ではありませんでした。

試合後のインタビューの時に口元が動いていたため、ガムを噛んでるのではないかとTwitterで話題になったようです。

高校球児で試合中にガムを噛むような選手は基本的にいないですし、大阪桐蔭のような強豪校はそのような事を禁じる事が普通だと思います。

試合中にガムを噛む行為は一般的に考えてかなり行儀が悪い行為ですし、根尾昂選手の評判を大きく下げることなので、このような噂が立ってしまっていることは凄く嫌でしょうね。

高校球児は基本的に皆丸坊主でスッキリしていて礼儀正しいイメージがあるので、ガムは噛むべきではないでしょうね。

メジャーリーグではガムを噛んでいる選手も多いです。

ガムを噛むことは口を常に動かすことなので、リラックス出来たりスポーツの競技力向上につながるという考えが多いようです。

ですので、アメリカではガムを噛むこと=スポーツのためなので良く無いこととは考えられていないようですね。

ベンチでひまわりの種を噛んで吐いたりもしているので、やはり日本とは文化が違うのでしょう。

日本でもプロ野球の選手やサッカー選手でガムを噛んでいる方はいらっしゃいますね。

例えばサッカーの長友佑都選手も試合中ガムを噛んでおられます。

サッカーの試合のように長い時間全力で走っていると吐き気がする事が多いようですが、ガムを噛んでいると平気のようです。

ですので、試合の時は良くガムを噛んでおられるようです。また、内田篤人選手や巨人の上原投手もガムを噛んでおられるようです。

ですので、ガムを噛むことが一概に良く無いと考えることが古い考えなのかもしれませんね。

サングラスなども行儀が良く無いと考える人もいるようですが、スポーツの競技に対してプラスになることは全て容認していく必要があるのかもしれませんね。

根尾昂(大阪桐蔭)の兄は岐阜大学の医学部で父も医者?

根尾昂選手にはお兄さんがおられますが、お兄さんは根尾学さんという方です。

そして根尾昂選手と同じように勉強もスポーツもかなり出来る凄い方のようです。

兄の根尾学さんは高校生の時は斐太高校で三年の時はエースとして活躍されました。

勉強の出来が凄かったようで岐阜大学の医学部へ進学されました。

現役で合格されたようで、スポーツと勉強の文武ともにかなり頑張っておられたのでしょう。

根尾昂選手のお父さんもお医者さんのようで、地元で診療所を営んでいて母も医者か看護師ではないかという噂です。

兄の根尾学さんは父の後を追う道を選ばれたのですね。

才能は遺伝するとも言われていますが、凄い家族です。

根尾昂(大阪桐蔭)のスキーの実力が凄い!動画も紹介

根尾昂選手はスキーの実力も凄いです。
その動画はコチラ↓

根尾昂選手はスキーでも全国大会で優勝した実績があり、野球に負けないくらいの才能と実績を持っておられます。

52回全国中学校スキー大会では男子回転競技で優勝時のタイムは

1本目・・・45秒60
2本目・・・48秒42
合計・・・1分34秒02

2位とは0秒55差だったようです。

スキー界の人から考えるとスキーをやらないのは凄くもったいなく感じるでしょうね。

根尾昂選手によるとスキーの体の使い方は野球にもかなり活きるようです。

ですので、根尾昂選手の現在の野球の実力があることはスキーのおかげとも言えるかもしれませんね。

根尾昂(大阪桐蔭)のドラフト進路を予想

根尾昂選手の特徴について、根尾昂選手はピッチャーとしてもバッターとしてもかなり凄い実力を持っておられます。

ですので、大谷翔平選手のように二刀流でプロ野球に挑戦する可能性もあると思います。

体の芯がかなり強い選手のようで、ピッチングは長いイニングを投げてもフォームが全然ブレないようです。

プロでも活躍間違いなしと言われていますので将来日の丸を背負ってプレーするような選手になるかもしれませんね。

根尾昂選手の才能はプロで活躍間違いなしのレベルだと思いますし、プロ野球に入ればどのような選手になるのか凄く楽しみですね。

多くの球団が注目している選手ですし、どこの球団に入るのかも目が離せませんね。

ドラフトの予想についてですが、ポテンシャル的に考えると多くの球団が獲得に動くことは間違いないと思います。

投手としても打者としてもプロ野球で活躍出来るポテンシャルを持っていますし、ポジションも様々なところを守れる器用さも持ち合わせているのでどの球団も獲得に動かない理由が無いような選手です。

まとめ

根尾昂選手がガムを噛んでるという噂は、ファンが試合後のインタビューの時に口元が動いていたのを『ガムを噛んでる』と勘違いしただけのガセネタでした。

根尾昂選手はこれからどのような結果を出していくかは分かりませんが、高校の通算記録に残るような活躍を見せていただきたいですね。

根尾昂選手は安定した結果を残せる選手ですし、ケガだけは無いようにして頂きたいですね。

怪我をしてしまうとどのような選手もダメになってしまいますし、ケガによってダメになったしまった実力のある選手は山ほどいるので、怪我をしない事も優秀な選手である条件の一つでしょうね。

イチロー選手は怪我をしないからこそ長年メジャーリーグで活躍し続けてこられたと思いますし、常に体との対話は必要なのでしょうね。

高校生の野球はかなり厳しい練習を強いられますし、その分怪我のリスクも高いと言われていますね。

体の調子が悪いからと言って監督に簡単に練習を休みたいとも言えないので、ついつい無理をしてしまう選手も多いようです。

ですので、選手は上手く疲れを抜いたり怪我をしない工夫をしていかないといけないでしょうね。

根尾昂選手もケガしないようにして甲子園では活躍している姿を見せていただきたいです。

-野球

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

川崎宗則が引退する理由や原因はなぜ?引退後は?

川崎宗則選手について書いていきます。 川崎宗則選手は3月26日の報道で現役を引退される意向が発表されましたね。 川崎宗則選手が現役を引退する理由や引退後について注目が集まっているので取り上げていきたい …

王貞治の名言努力は報われるは芦田愛菜が参考?ホームラン数も

王貞治さんについて書いていきます。 王貞治さんは世界のホームラン王で様々な名言を残しておられることでも有名ですね。 名言やホームラン数についても注目が集まっているので取り上げていきたいと思います。 C …

清宮幸太郎は評価しすぎ?現在は低い?守備は下手?

清宮幸太郎選手について書いていきたいと思います。 清宮幸太郎選手は現在オープン戦に出場していてヒットが出なくて話題になっていますね。 バッティングだけではなく守備についても注目が集まっているので取り上 …

小林誠司捕手の彼女や年棒は?イケメンの評価や宮沢智との関係も

小林誠司捕手について書いていきたいと思います。 小林誠司捕手は現在巨人の正捕手として活躍されていますね。 そして小林誠司捕手はWBCでも日本代表の正捕手をつとめられましたし、巨人としては大成してもらわ …

清宮幸太郎が好きなキモすぎる料理とは?背番号は?

清宮幸太郎選手について書いていきます。 清宮幸太郎選手は来シーズンからプロ野球でプレーする注目の選手ですね。 史上最高のバッターになるかもしれないと言われていますし、一年目からの活躍が期待される選手で …