よろずの情報館

いろいろなニュースや日々の生活に役立つことなどを書いていきます。

起業家

堀江貴文氏(ホリエモン)が高校(ゼロ高校)を開設。入学方法などは?

投稿日:2018年7月28日 更新日:


実業家の堀江貴文氏(ホリエモン)がまた新たな試みをスタートさせるようです。

「座学を目的とせず行動を目的とする」というゼロ高等学院(通称ゼロ高)を設立し、10月1日から開校することを7月26日に都内で開かれた記者会見で発表。
記者会見には堀江氏のほか坪田信貴氏(坪田塾塾長)、佐渡島庸平氏(株式会社コルク代表)、そしてゼロ高運営責任者の内藤賢司氏らが参加し、主に堀江氏、坪田氏、佐渡島氏3名のトークショー形式での記者会見となりました。

そこで今回はホリエモンが主宰する高校、ゼロ高について書きたいと思います。

ゼロ高とは?

ゼロ高等学院(ゼロ高)とは10月にスタート(開校)するホリエモンが主宰する通信制高校で運営責任者はSNS education社の内藤賢司氏が務められるようです。

そこではいわゆる机に座って教わる従来の形の座学ではなく、さまざまな実業家や有識者のネットワークを生かしたプロジェクトや社会活動に参加することによって学びを得られるという実践型の全く新しい教育機関となります。

このように、普通の高校とは学び方が全く違いますが既存の高校と教育提携をすることにより高卒資格の取得も可能とのこと。

ゼロ高等学院公式サイト

ゼロ校の学費は?

そして気になる学費はゼロ高等学院が3年間で108万円、そして教育提携先の鹿島山北高校が3年間で約30万円、合計で約138万円となります。

入学資格や時期は?

また、入学資格については基本的に全国の高校を卒業していない方限定とのことでゼロ高のホームページから申し込みが可能。
そして入学の時期については以下のようになっていて、入学式は10月6日に静岡のゼロの郷というところで行われる予定。

そして高校の定員は仮に400名(場合により調整あり)とのことです。

ゼロ高の顧問は?

そしてゼロ高の顧問は

・成毛眞氏(元日本マイクロソフト社長)
・佐渡島庸平氏(株式会社コルク代表)
・坪田信貴氏(坪田塾塾長)
・森田正康氏(語学系出版社・アルクの第2次創業メンバー)
・菅本裕子氏(SNSアドバイザー、モテクリエイター)

などが決定していて、今後も順次追加していく予定とのことです。

こうして見てみると実際の経営者からSNSのカリスマまでホリエモンらしい幅広いラインナップになっていますね。
そして今後どのような方が追加されていくのかも注目ですね。

まとめ

ゼロ高はまだ発表されたばかりですので、どのようなことを学べるかと言う具体的な中身の全容はまだハッキリとはしていませんが、逆に言えば幅広いホリエモンの人脈等によってその道で実績を残している方が講師として参加する可能性もあるわけですからなんでも学べるという学校になる可能性も十分にありますね。

そういった意味でも今までに類をみない非常に魅力的な学校だと思いますし、ホリエモンらしい先駆的な試みだと思いますので、同校が今後どのような展開となっていくのかとても楽しみです。

-起業家

執筆者:

関連記事

与沢翼の息子の名前や子育て方針は?現在や奥さんについても!

  秒速で1億円稼ぐ男として有名になった与沢翼さんが『ウラマヨ!』にノーギャラで出た事が話題になりましたね。 与沢さんは以前「お金は全てである。」と番組で言っていたくらい拝金主義の方ですが、 …

コインチェックの社長の経歴や年齢は? 倒産したら?可能性は?

コインチェックの社長について書いていきます。 仮想通貨という最新の技術を用いたシステムで起きた事件なだけに注目を集めていますね。 被害総額もウン百億と大きいので世界中を駆け巡るニュースになっていますね …