ふぁんたじすた

いろいろなニュースや日々の生活に役立つことなどを書いていきます。

経済

無人コンビニAmazon Go(アマゾン・ゴー)とは?日本での展開は?

投稿日:2018年7月10日 更新日:


最近はAI(エーアイ)やIoT(アイオーティー)などという言葉をよく耳にするようになりましたが、アメリカのAmazonが無人でさらにレジすら無いというコンビニ、Amazon Go(アマゾン・ゴー)をスタートさせたようです。

Amazon Goとは?

「NO LINES NO CHECKOUT」(行列なし、会計なし)
というキャッチコピーでスタートしたAmazonの無人コンビニAmazon Go。

日本でも無人レジのコンビニは大手コンビニチェーンのローソンによってすでに試験運用されていますが、今回のAmazon Goはどうやらレジ自体が無いという画期的なコンビニのようです。
そうなってくると既存の常識では想像できないようなシステムが導入されているなど、その無人コンビニがどのような仕組みで成り立っているのか非常に気になりますが、どうなっているのでしょうか?

Amazon Goの仕組み

無人で買い物ができてしまうというそのカラクリはどうなっているかと言うと、まずはスマートフォンにダウンロードした専用アプリのQRコードで自動改札機のようなゲートを通過して入店し、あとは普通に買い物をするだけ。

店内に複数のカメラを設置することによってお客が購入した商品を画像で把握し、決済はAmazonアカウントに登録されているクレジットカードで決済される(支払い)という仕組みのようです。

たしかにこれだとレジも必要なく、かつ自動的にクレジットカード決済となるのでお客にとっても混雑時にレジで待たされるという煩わしさ等もないので非常に便利ですね。
そして特に朝の通勤・通学時やお昼などレジ待ちで長蛇の列ができているコンビニを見ることも珍しくありませんので、顧客の満足度も格段に上がるのは想像に難くありません。

日本での展開は?

当初アマゾンは2017年の初めにはアマゾン・ゴーの一般展開をすると発表していたようですが、技術的な課題に直面したようで計画は遅れてしまっているようです。

そして、そういった経緯によって今年(2018)の初めにアメリカで一般向けにオープンされたばかりですので、このシステムが日本で展開されるのは残念ながらまだだいぶ先となってしまいそうです。
9/28 追記 
ブルームバーグの報道によるとアマゾン・ドットコムはAmazon Goを2021年までに3000店舗まで増やす計画だと報じられました。さらに細かい計画では2018年内に10店舗、2019年に50店舗とのこと。この計画で行くと2020年以降はかなりのハイペースでの出店が必要になってきますが、どうなるでしょうか。

ふだんからコンビニで電子マネーやクレジット払いをしている日本の消費者にとっても待望のサービスであり、私自身も現金払いしかできないお店を除いてはコンビニも含めてほとんど電子マネーかクレカ決済をしているので、このようなサービスが一刻も早く日本にも上陸して欲しいですね。

-経済

執筆者:

関連記事

ファクタリングとは?意味やその種類など

ビジネスをしていく上で、重要な要素の1つが資金調達です。いくら立派なビジョンやプラン、内容があっても資金調達ができなければビジネスとしては立ちゆきません。特に黒字倒産といった言葉があるように、売り上げ …

インバウンドとは?その意味や消費の状況

インバウンドと言う言葉を耳にされたことはあると思います。ここ数年、ニュースや情報番組などでも、国内の景気や経済の状況について語られる時には必ずといっていいほどこの「インバウンド」という言葉が出てきます …

サブスクリプションとは?意味やメリットなど

多くの分野で、モノやサービスは「買う」から「借りる」時代へと変化してきました。そして、今は更に進んで、「サブスクリプション」というサービスが登場してきました。(サブスクリプションモデルやサブスクリプシ …

GAFAとは?読み方やGAFAの説明など

GAFA(ガーファ)という言葉をご存知でしょうか。今、用いられている経済用語の一つですが、世界を変えてきた4つの企業、と言えばだいたい想像がつくかも知れません。その昔は、2000年代に入って急速に経済 …

メルカリがメルチャリという名でシェアサイクル業界に参入。

最近は街中でシェアサイクルのサイクルポート(駐輪場)を見かけることが多くなりましたが、フリマアプリ最大手のメルカリも今年になってからシェアサイクル業界に参入しています。 そこで今回はメルカリのシェアサ …