ふぁんたじすた

いろいろなニュースや日々の生活に役立つことなどを書いていきます。

経済

ファクタリングとは?意味やその種類など

投稿日:

ビジネスをしていく上で、重要な要素の1つが資金調達です。いくら立派なビジョンやプラン、内容があっても資金調達ができなければビジネスとしては立ちゆきません。特に黒字倒産といった言葉があるように、売り上げや利益は十分あるのに、現金がショート(不足)してしまうといったケースも出てきます。それを解決してくれる資金調達の手段の1つがファクタリングです。そこで今回はファクタリングについて書いて行きたいと思います。

ファクタリングとは?

ビジネスをしていく際には色々なリスクが存在しますが、経営をするうえで最も大きなリスクが資金がショートしてしまうことではないでしょうか。特に現金化されていない売掛金を抱える企業にとっては、売掛金の現金化は企業の生死を決めるようなものでもあります。そんな売掛金の回収手段の1つがファクタリングで、債権自体を誰かに買い取ってもらったり、売掛債権に対して一種の保険をかけたりすることです。

では、ファクタリングはどんなリスクに対する対抗手段なのでしょうか。1つは入金が遅れる、間に合わないケースで、もう1つは取引先が倒産してしまうことです。

取引と同時に現金等で決済する場合は、これらの心配は要りませんが、決済・現金化が後になるケースが日本の企業間の取引では多いのです(いわゆる掛け取引と呼ばれるもの)。そんな場合には、先に挙げた2つのリスクを避けることは難しくなってきます。具体的には、最初のケースに対しては、売掛債権自体を売却して現金化したりすることがありますし、後のケースに関しては保険によってリスクヘッジしておくといった対処方法が考えられます。

ファクタリングの種類は?

次にファクタリングの種類についてですが、ファクタリングには買い取り型保証型があります。買い取り型は先ほど述べた売掛債権自体を売却してしまう場合で、債権者と売却先の2者で直接行うものと、債務者(取引先)、債権者、それに債権の売却先との3者で行うパターンとがあります。2者で行う場合はコストはかかりますが取引先に現金化を急いでいる事実が知られることはありません。一方で3者で行う場合はコストは少なくて済みますが取引先にもその事実を知られてしまいます。

そして保証型は保険のようなもので、一定の額までを保証してもらうのですが、取引先の信用によってその内容は決まってきます。

今回はファクタリングについて書きましたが、一般の方には馴染みがなく一生関係が無いことかも知れませんが、もし今後起業するなどしてビジネスをしていくことになる場合には最悪のケースも想定してこのような知識を入れておくことも必要となってくるのかも知れませんね。

-経済

執筆者:

関連記事

PickGo(ピックゴー)とは?買い物代行もスタート。エリアや副業など

【2020年5月追記】PickGo(ピックゴー)は2020年4月下旬より東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、愛知県、大阪府、福岡県の7都市にて買い物代行サービスをスタートしました。PickGoパートナー …

GAFAとは?読み方やGAFAの説明など

GAFA(ガーファ)という言葉をご存知でしょうか。今、用いられている経済用語の一つですが、世界を変えてきた4つの企業、と言えばだいたい想像がつくかも知れません。その昔は、2000年代に入って急速に経済 …

ビットコインとは?簡単説明をわかりやすく!危険性も!

今話題になっているビットコインについて書いていきます。 ビットコインというワードを聞いたことがある人は多いと思いますが、どのようなものなのかいまいち理解できていない人も多いようなので、出来るだけ分かり …

tsumiki(ツミキ)証券とは?丸井グループの証券会社が始動。

丸井グループの証券会社であるtsumiki証券が9月より投資信託の積立サービスを始めるとのニュースが入ってきました。 そこで今回は丸井グループの証券会社であるtsumiki証券について書いていきたいと …

サブスクリプションとは?意味やメリットなど

多くの分野で、モノやサービスは「買う」から「借りる」時代へと変化してきました。そして、今は更に進んで、「サブスクリプション」というサービスが登場してきました。(サブスクリプションモデルやサブスクリプシ …