ふぁんたじすた

いろいろなニュースや日々の生活に役立つことなどを書いていきます。

経済

ファクタリングとは?意味やその種類など

投稿日:

ビジネスをしていく上で、重要な要素の1つが資金調達です。いくら立派なビジョンやプラン、内容があっても資金調達ができなければビジネスとしては立ちゆきません。特に黒字倒産といった言葉があるように、売り上げや利益は十分あるのに、現金がショート(不足)してしまうといったケースも出てきます。それを解決してくれる資金調達の手段の1つがファクタリングです。そこで今回はファクタリングについて書いて行きたいと思います。

ファクタリングとは?

ビジネスをしていく際には色々なリスクが存在しますが、経営をするうえで最も大きなリスクが資金がショートしてしまうことではないでしょうか。特に現金化されていない売掛金を抱える企業にとっては、売掛金の現金化は企業の生死を決めるようなものでもあります。そんな売掛金の回収手段の1つがファクタリングで、債権自体を誰かに買い取ってもらったり、売掛債権に対して一種の保険をかけたりすることです。

では、ファクタリングはどんなリスクに対する対抗手段なのでしょうか。1つは入金が遅れる、間に合わないケースで、もう1つは取引先が倒産してしまうことです。

取引と同時に現金等で決済する場合は、これらの心配は要りませんが、決済・現金化が後になるケースが日本の企業間の取引では多いのです(いわゆる掛け取引と呼ばれるもの)。そんな場合には、先に挙げた2つのリスクを避けることは難しくなってきます。具体的には、最初のケースに対しては、売掛債権自体を売却して現金化したりすることがありますし、後のケースに関しては保険によってリスクヘッジしておくといった対処方法が考えられます。

ファクタリングの種類は?

次にファクタリングの種類についてですが、ファクタリングには買い取り型保証型があります。買い取り型は先ほど述べた売掛債権自体を売却してしまう場合で、債権者と売却先の2者で直接行うものと、債務者(取引先)、債権者、それに債権の売却先との3者で行うパターンとがあります。2者で行う場合はコストはかかりますが取引先に現金化を急いでいる事実が知られることはありません。一方で3者で行う場合はコストは少なくて済みますが取引先にもその事実を知られてしまいます。

そして保証型は保険のようなもので、一定の額までを保証してもらうのですが、取引先の信用によってその内容は決まってきます。

今回はファクタリングについて書きましたが、一般の方には馴染みがなく一生関係が無いことかも知れませんが、もし今後起業するなどしてビジネスをしていくことになる場合には最悪のケースも想定してこのような知識を入れておくことも必要となってくるのかも知れませんね。

-経済

執筆者:

関連記事

One Tap BUYとは?日本株、米国株も可能なスマホ証券

2018年は副業元年とも言われましたが、副業とは少しニュアンスは違いますが、株式等への投資をされている方も多いと思います。本業での収入の足しにしたり、将来的には投資家へと道を歩みたいと思っている方もい …

なでしこ銘柄とは?2018年の企業一覧。

なでしこというフレーズを聞くと女子サッカーの日本代表をイメージする方も少なくないでしょう。 しかし、今回はサッカーの話ではなく企業の話となります。というのも経済産業省が2012年度より女子活躍推進に優 …

中小企業のM&Aが活発化。事業を継承する後継者が不足。

以前にテレビ朝日系で「ハゲタカ」というドラマをやっていましたが、あのドラマは外資系のファンド(いわゆるハゲタカファンド)が経営難の企業を買収して再生した後に高値で売却するという大企業の大型案件がメイン …

家計簿アプリとは?無料のものやおすすめなど

皆さんは家計簿つけていますでしょうか?ご家庭の財布を預かられている奥様がつけておられることが多いかと思いますがなかなか大変ですよね。日記と同じように、毎年のように今年こそはつけようとするけれど続かない …

ソーシャルレンディングとは?メリットや注意点など

ソーシャルレンディングとは耳慣れない言葉かもしれません。実はこれは金融に関する用語の1つなんです。IT化に伴い金融の世界も大きな変革を遂げてきました。今までは、融資の主役は銀行等の金融機関だったわけで …