ふぁんたじすた

いろいろなニュースや日々の生活に役立つことなどを書いていきます。

エンタメ

コードブルー【映画】いつまで上映(公開)される?最新予想。興収、動員数も。

投稿日:2018年8月30日 更新日:

7月下旬に封切られてからすでに90億円突破まで興行収入を伸ばし、メガヒットかつロングランとなっている「劇場版コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-」ですが、10月も中盤にさしかかり気になるのがコード・ブルーがいつまで上映されるのかということでしょう。

そこで今回はコード・ブルーがいつまで上映されるのかについて書いていきたいと思います。

映画コード・ブルーはいつまで上映(公開)される?


まずは劇場版コード・ブルーがいつまで上映されるかという予想ですが、一般的に映画は公開時に大まかなスケジュールは決まっているものの、終了する日時というのは予め決まっていません。
そのため、興行収入などの数字を見ながらいつ終了するかというのを流動的に決定するようです。

そこで今回はいつまで上映されるか予想をするため、TOHOシネマズの公開情報をチェックしてみました。(8/30現在)

まずは東京のTOHOシネマズをチェックしてみたところ

TOHOシネマズ上野だけ9/6(木)終了予定との記載がありました。

そしてその他のTOHOシネマズ

TOHOシネマズ日比谷、TOHOシネマズ新宿、TOHOシネマズ日本橋、TOHOシネマズ六本木ヒルズ、TOHOシネマズ渋谷、TOHOシネマズ錦糸町、TOHOシネマズ西新井、TOHOシネマズ南大沢、TOHOシネマズ府中

現時点で終了予定の記載がありませんでした。

また、そのほかの主要都市の

TOHOシネマズ梅田
TOHOシネマズなんば
TOHOシネマズ名古屋ベイシティ
TOHOシネマズ天神・ソラリア館
TOHOシネマズららぽーと横浜

もチェックしましたが、こちらも終了予定の記載がありませんでした。

これらの情報を総合すると、TOHOシネマズ上野のようにもし終了する場合は少なくとも1週間以上前にHPの公開情報に終了予定の記載がされると思われるので、それを考えると少なくとも9/15(木)までの公開はほぼ堅いと言えそうです。

9/18 追記
その後さらにTOHOシネマズの上映状況をチェックしましたが、やはりいつまで上映されるかはかなり流動的だと言う事がわかりました。
なぜなら前回の調査時に9/6(木)終了予定との記載があったTOHOシネマズ上野はまだ上映しているからです(笑)

そこで最新(9/18時点)のTOHOシネマズの上映状況とまとめてみると(東京のみ)

9/20(木)終了予定との記載あり
TOHOシネマズ上野、TOHOシネマズ六本木ヒルズ、TOHOシネマズ渋谷、TOHOシネマズ日本橋
9/27(木)終了予定との記載あり
TOHOシネマズ新宿
終了予定の記載なし
TOHOシネマズ日比谷、TOHOシネマズ錦糸町、TOHOシネマズ西新井、TOHOシネマズ南大沢、TOHOシネマズ府中

となっています。

かなり大きな変化がありましたが、前回の上野のように記載されていても必ず終わるとは限りませんのでご注意ください。

そしてこれらの情報を総合すると、まだ終了予定の記載がない劇場もありますのでいつまで上映されるかは個人的には

9月いっぱいはほぼ確定で10月になっても上映されているところがある

と予想します。

10/10追記
前回の更新から時間が経ち、また状況に大きな変化がありました。最新のTOHOシネマズの上映状況は(東京)

10/18(木)終了予定との記載あり
TOHOシネマズ日比谷
終了予定の記載なし
TOHOシネマズ錦糸町、TOHOシネマズ西新井、TOHOシネマズ南大沢、TOHOシネマズ府中

となっています。都内もTOHOシネマズはとうとう残り5館のみとなりましたが、まだ終了予定の記載がない所も多いため、今後の予想としては

少なくとも10月いっぱいはどこかの劇場で上映している可能性が高いとみています。

※今後もいつまで上映されるのかの予想は随時更新して行きます。

映画コード・ブルーの興行収入と観客動員数は?


そして劇場版コード・ブルーのここまでの興行収入と観客動員数の推移ですが、

8/12(日)までの観客動員数と興行収入

観客動員 約406万人
興行収入 約52億円

8/19(日)までの観客動員数と興行収入

観客動員 約538万人
興行収入 約69億円

8/27(日)までの観客動員数と興行収入

観客動員 約601万人
興行収入 約77億円

9/2(日)までの観客動員数と興行収入

観客動員 約649万人
興行収入 約83億円

9/9(日)までの観客動員数と興行収入

観客動員 約671万人
興行収入 約86億円

9/16(日)までの観客動員数と興行収入

観客動員 約695万人
興行収入 約89億円

最新 9/30(日)までの観客動員数と興行収入

観客動員 約705万人
興行収入 約90億円

となっており、興行収入100億円の達成も十分に現実味を帯びてきていますね。

まとめ

今回は劇場版コード・ブルーがいつまで上映されるか等について書きましたが、公開前からヒット確実とは思っていたものの、ここまでの数字を叩き出すとは思っていませんでしたのでここからどこまで数字を伸ばせるか楽しみですね。

-エンタメ

執筆者:

関連記事

USJが変動価格制の導入を発表。メリットや新・旧の料金は?

今回、日によって値段が変わる変動価格制を2019年1月10日から導入すると発表したUSJことユニバーサルスタジオジャパンは訪日客も多いテーマパークです。 海外では一般的な変動価格制ですが、日本では初の …

銀魂2の興行収入【最新】現在や推移、予想、観客動員数も。

8/17に公開され週間動員ランキング1位スタートとなるなど順調な滑りだしを見せている映画銀魂2 掟は破るためにこそあるですが、今回は前作と同様に注目映画である銀魂2の興行収入等について書いていきたいと …

検察側の罪人の興行収入【最新】現在や予想、推移、ランキングも。

キムタク(木村拓哉)と二宮和也の共演で大きな話題となっている映画「検察側の罪人」ですが、8/24(金)に公開され興行収入や観客動員数もまずまずのスタートをみせているようです。 そこで今回は注目映画の検 …

劇場版コード・ブルーのキャストは?映画予告、舞台挨拶、スピンオフドラマも

いよいよ7/27(金)に公開が迫り、今夏ナンバーワンの大注目映画と言っても過言ではない 劇場版 コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命 ですが、11日に完成披露の舞台挨拶も行われるなど盛り上がりも最高潮 …

映画コード・ブルーの興行収入【最新】現在や予想、推移も。いつまで上映?

7月27日に待望の公開となり、ロングラン上映が濃厚なこの夏最大の話題作「劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」ですが、今回は劇場版コード・ブルーの興行収入や観客動員数、そしていつまで上映され …