ふぁんたじすた

いろいろなニュースや日々の生活に役立つことなどを書いていきます。

エンタメ

ティックトック(TikTok)とは?動画共有アプリ(TikTok)の使い方も。

投稿日:

TwitterやInstagram、Facebook、YouTubeといったものは今や当たり前の日常になってきました。そして今はTikTok(ティックトック)です。若者を中心に広がったものなので、ご存知でない方も多いと思いますし、今さら聞けないし、みたいな部分もあると思います。そこで今回はTikTokについて書いていきたいと思います。

ティックトック(TikTok)とは?

TikTokは15秒前後の短い動画共有アプリのことです。音楽に合わせて動画を撮影して投稿する、そして、視聴するといったものです。今、10代を中心に広がっているものですが、ちょっとした空き時間でも自撮りで作ることができて、それでいて音楽と動画を併せることに機能の中心を絞っているので、色々な表現ができます。また、Twitterなどと同じようにですが「いいね」やコメントを残すことができるようになっています。動画を見たり、撮ったり、編集したりとったことが1つのアプリ上でできるようになっていて、2019年はじめには、既にそのダウンロード数が10億件を超えたと言われ、Facebookに迫るものになったようです。

TikTokで動画を作成・編集するには?(使い方)


TikTokはアプリをインストールしてアカウントを作成すれば、誰でも使うことができるものですが、そのうち、TikTokの大きな魅力である動画の作成・編集について見ていきます。
撮影モードでの基本機能としては、「楽曲を選ぶ」「撮影スピードの切り替え」「フィルター・美肌・形状の設定」「スタンプ・効果の選択」といったことが可能です。次に編集機能ですが、ここでも、楽曲をカットしたり音量のコントロールや特殊効果などを使うことができ、自由な表現が可能となっています。

まとめ

TikTokについて見てきましたが、これだけだと他のSNSやYouTubeなどの動画共有サイトとの違いが分かりにくいかもしれませんが、動画を投稿する際のハードルの低さというのがTikTokが爆発的な広がりを見せた理由の1つとして挙げられます。それに加えて、いわゆる“盛れる”というのも大事な要素かも知れません。

また、15秒程度と短い動画のため、1つの動画に関連づけて多くの人に視聴されることが、爆発的な拡散に繋がっているようです。それらが、「目立ちたい」「承認されたい」といった欲求を満たしてくれているようです。たしかに10分とか30分とか、ましてや1時間とかの動画になるとある程度腰を据えてというかしっかりと時間を確保して見る必要がありますが、15秒ほどというかなり短い時間であればいわゆるちょっとしたすきま時間にも見られますのでその分、数多くの動画を見ることも可能ですね。

今回はTikTokについて書きましたが、他のSNS等と同様に若者が興味を示したものはアッという間に広がりを見せていきます。それは、同世代の間だけでなく、やがて上の世代へも広がっていくことになります。何はともあれ利用するハードルはかなり低いため、まずは自分でやってみるのが一番かも知れません。

-エンタメ

執筆者:

関連記事

古井ひでおとは?古井ひでおチャンネル

いきなりですが「古井ひでお」という方をご存知でしょうか?古井ひでおと聞いて誰かわからなくても映像を見れば、すぐにわかると思います。アノ誰もが知っているタレントさんのもう1つの名前です。そこで今回は古井 …

坂道合同オーディションの合格者発表!結果や振り分けは?

今や飛ぶ鳥を落とす勢いのグループである「坂道グループ」がこの夏追加メンバーの合同オーディションを行い、先日の最終審査によって合格者38名が決定したとのことです。 そこで今回は坂道合同オーディションにつ …

紅白歌合戦2018の出演者発表はいつ?【14日に発表!】司会者は?

毎年大晦日に恒例の番組「紅白歌合戦」2018年の出演者(出場歌手)の発表が近づいてきました。そこで今回は第69回NHK紅白歌合戦(2018年)の出演者発表や司会者等について書いていきたいと思います。 …

バチェラージャパンとは?シーズン1(久保)、シーズン2(小柳津)

アマゾンプライムビデオにて昨年公開され、大きな話題を呼んだバチェラー・ジャパンですが、2017年にシーズン1、そして今年2018年にシーズン2が公開され次はシーズン3の公開も予定されています。 そこで …

たけやま3.5のメンバー一覧は?大注目のガールズバンド

みなさんはたけやま3.5をご存知でしょうか。さっぱりわからないという方も少なくないかも知れませんが、ガールズバンドのグループ名です。今は知らないという方も今後、目や耳にされることが間違いなく増えてくる …