ふぁんたじすた

いろいろなニュースや日々の生活に役立つことなどを書いていきます。

ノウハウ 経済

株の税金や確定申告について。3分でわかる株の確定申告。

投稿日:


政府主導の政策により貯蓄から投資へという言葉が言われてからしばらく経ちますが、昨今ではNISAやつみたてNISAなど新しい優遇策でさらに国民の投資意欲を増そうという動きが続いています。
そんな中、株式投資を新たにスタートした方も少なくないでしょう。そこで今回はもし株で利益や損失を出した場合の税金、確定申告について書いていきたいと思います。
※今回は口座が一般的にメジャーな特定口座(源泉徴収あり)についての記事となります。

株の税金は?

まずは株の税金についてですが、株の税金は利益の20.315%となります。
(所得税と住民税の合算で20.315%)
そして、こちらは特定口座(源泉徴収あり)であれば自動的に天引きされますので特に自分での手続きは必要がありません。

株の確定申告について

そして株の確定申告についてですが、まずは株の年間利益が20万円以下であり、かつ扶養に入っていない場合は確定申告の必要はありません。
逆に言えば扶養に入っていない場合で年間利益が20万円以上であれば確定申告の必要があります。
※扶養に入っている場合は条件がさらに複雑になりますのでここでは記載しません。

また、確定申告において忘れがちなのが株で損失を出した時です。

損失を出しているのでもちろん税金は取られませんが、株の損失は3年間繰り越すことができ、翌年以降の利益と通算して相殺することができます。

そしてその損失を繰り越すためには確定申告が必要となります。

例えば下記のような場合

2017年 株で100万の損失(確定申告で繰越済み)
2018年 株で100万の利益

2017年の損失分をしっかりと確定申告していれば翌年に繰越しとなっていますので翌年の利益100万円と相殺して2018年分の利益についても税金はかかりません。

しかし、もし2017年分を確定申告していなければ2018年分の利益に20.315%の税金が課税されてしまいます。

このように株で利益が出ずに損失を出していたとしても確定申告をするメリットはありますので、翌年以降も株式投資をする可能性があるのであればしっかりと確定申告をしておきたいところですね。

まとめ

今回は株の税金や確定申告について書きましたが、株に限らず税金関係は知らないだけで損をしてしまうことが多々あります。

あまりにも複雑な手続きが必要なのであれば考えものですが、今回の株の損失繰越のようにそれほど複雑な手続きでなくともそういった損を避けられるケースというのは少なくありませんので、自分が関係する分野の法律周りはざっくりとでも良いのでリサーチして一応頭に入れておきたいものです。

-ノウハウ, 経済

執筆者:

関連記事

日経平均株価が900円以上の大暴落。世界同時株安の再燃も。

本日(11日)の東京市場で日経平均株価が前日比-915円18銭で取引を終えました。前日の米NY市場の急落を受けての大暴落となりましたが、今回はこのことについて書いていきたいと思います。 Content …

「焼肉ライク」のメニューや店舗は?(新橋など) 焼き肉のファーストフード

外食産業は流行り廃りの激しいものですよね。そんな中でもいつの時代でも変わらない価値を持っているものがあります。焼き肉もその1つでしょうか。焼き肉は最もテンションの上がる食べ物の1つのような気がします。 …

中小企業のM&Aが活発化。事業を継承する後継者が不足。

以前にテレビ朝日系で「ハゲタカ」というドラマをやっていましたが、あのドラマは外資系のファンド(いわゆるハゲタカファンド)が経営難の企業を買収して再生した後に高値で売却するという大企業の大型案件がメイン …

GoToキャンペーンについて。GoToトラベルキャンペーン詳細など

【速報】GoToトラベルキャンペーンについて東京都は対象外となる方針が発表されています。今後も内容が変わる可能性があるため、常に最新の情報をご確認ください。 令和2年は年明け早々から、新型コロナウイル …

家計簿アプリとは?無料のものやおすすめなど

皆さんは家計簿つけていますでしょうか?ご家庭の財布を預かられている奥様がつけておられることが多いかと思いますがなかなか大変ですよね。日記と同じように、毎年のように今年こそはつけようとするけれど続かない …