ふぁんたじすた

いろいろなニュースや日々の生活に役立つことなどを書いていきます。

経済

tsumiki(ツミキ)証券とは?丸井グループの証券会社が始動。

投稿日:

丸井グループの証券会社であるtsumiki証券が9月より投資信託の積立サービスを始めるとのニュースが入ってきました。

そこで今回は丸井グループの証券会社であるtsumiki証券について書いていきたいと思います。

tsumiki証券とは?


まずはtsumiki証券についてですが、tsumiki証券は丸井グループが新たに証券事業へ参入するために立ち上げた証券会社で、2018年2月に設立。

本社は東京都中野区で資本金は1億円。(株式会社丸井グループ100%出資)

そして、一般的な証券会社とは違い、tsumiki証券のサービス内容はかなり特殊かつ斬新ですので、次はそれを見ていきましょう。

tsumiki証券のサービスの内容は?

tsumiki証券のサービス内容ですが、以下のような特徴があります。

商品は投資信託の毎月積立のみ
投資信託の購入はクレジットカード(エポスカード)限定
商品は厳選された4本の投資信託のみ(スタート時)

多少でも株の売買をした経験があればこれを見ただけでもかなり特殊な証券会社だということがおわかりになるでしょう。

一般的な証券会社のイメージとしては国内・海外の株や投資信託、ETFを取り扱っているというのが普通ですが、tsumiki証券は取り扱う金融商品が投資信託の毎月積立のみに特化しています。
また、購入は丸井グループのクレジットカードであるエポスカードに限定されていて積立額の0.1~0.5%のポイントが貯められるという点も斬新です。

さらに選べる金融商品は4つだけでいずれも販売手数料は無料とのこと。
購入できる投資信託は以下の4つとなります。

運用会社           商品名         信託手数料

レオス・キャピタルワークス  ひふみプラス      1.06%
コモンズ投信         コモンズ30       1.06%
セゾン投信  セゾン・バンガード・グローバルバランス 0.71%   
セゾン投信        セゾン資産形成の達人    1.55%

そして上記の4本の投資信託はいずれもつみたてNISAの対象商品のため、つみたてNISAのメリットも受けつつ積立てが可能となります。

まとめ

今回は丸井グループの証券会社であるtsumiki証券について書きましたが、取り扱う商品が投資信託の積立のみという証券会社としてはかなり異色のサービス内容となりますので今後話題になりそうですね。

また、積立てをしつつクレジットカードのポイントも貯まると言う点はかなりキャッチーでお得感が感じられるサービスだと思いますのでこれからどのように発展していくのか非常に楽しみですね。

-経済

執筆者:

関連記事

GAFAとは?読み方やGAFAの説明など

GAFA(ガーファ)という言葉をご存知でしょうか。今、用いられている経済用語の一つですが、世界を変えてきた4つの企業、と言えばだいたい想像がつくかも知れません。その昔は、2000年代に入って急速に経済 …

無人コンビニAmazon Go(アマゾン・ゴー)とは?日本での展開は?

最近はAI(エーアイ)やIoT(アイオーティー)などという言葉をよく耳にするようになりましたが、アメリカのAmazonが無人でさらにレジすら無いというコンビニ、Amazon Go(アマゾン・ゴー)をス …

インバウンドとは?その意味や消費の状況

インバウンドと言う言葉を耳にされたことはあると思います。ここ数年、ニュースや情報番組などでも、国内の景気や経済の状況について語られる時には必ずといっていいほどこの「インバウンド」という言葉が出てきます …

株の税金や確定申告について。3分でわかる株の確定申告。

政府主導の政策により貯蓄から投資へという言葉が言われてからしばらく経ちますが、昨今ではNISAやつみたてNISAなど新しい優遇策でさらに国民の投資意欲を増そうという動きが続いています。 そんな中、株式 …

つみたてNISA(積立NISA)とは?これまでのNISAとの違いは?

2018年1月よりこれまでのNISAに加えて、つみたてNISA(積立NISA)がスタートしました。そこで今回は現行のNISAとの違いやつみたてNISAの特徴について書いていきたいと思います。 Cont …