ふぁんたじすた

いろいろなニュースや日々の生活に役立つことなどを書いていきます。

生活

遺品整理業者の料金相場や選び方などの注意点は?

投稿日:


現在では高齢化社会が日本にとって大きな問題の一つとなっており、高齢者の一人暮らしが多くなっている時代です。それに伴い人知れず亡くなる方(孤独死など)も年々増加傾向にあります。
しかし、その方が生きてきた痕跡は間違いなく残っています。具体的には生活の跡、つまり荷物等です。

それらの遺品は当然亡くなった方は処分したくてもできませんので、故人に代わって誰かが整理することになります。それを代行してくれるのが遺品整理業者です。そこで今回は遺品整理業者について書いていきたいと思います。

遺品整理業者とは?


昔でしたら残された家族や親類縁者で荷物の後片付けをしたりしていたと思いますが、遠く離れて住んでいることも多くなり、荷物を運び出し処分しようとすると想像するだけでもかなり大変です。
それでも持家でしたらまだ時間的な余裕もあるかも知れませんが、賃貸住宅等でしたら契約などの関係上などもあってできるだけ早く明け渡さなくてはいけないことも珍しくはないでしょう。そんな時にもお願いできるのが遺品整理業者です。

一般的な荷物の片づけ処分から、一般ではなかなか処分に困る電化製品や仏壇等も処分を行ってくれます。荷物の片づけとそれが終わった後の部屋の簡単な清掃等も併せてお願いできたりします。

遺品整理の料金相場はどのくらい?

では、遺品整理業者にお願いした場合の料金相場はどのぐらいでしょうか。
基本的には現場を見てもらって荷物の種類や量に応じて見積もりを取ることになります。
部屋の大きさがひとつの目安になると思いますから一例をあげて見ると、ワンルームや1K程度の部屋で5万円から10万円、1LDKや2DK程度で10万円から15万円、4LDK以上になると25万円以上という感じです
あくまでも目安ですが大体の相場感として覚えておきたいところですね。

遺品整理業者の選び方で注意する点は?


一昔前に比べると遺品整理業者の数も多くなりましたが、逆にいろいろな業者が乱立することになったことでその中には高額な請求を行ったり、不法投棄や貴重品、思い出の品の扱い等も問題となることがあります。

遺品整理業者は比較的広いエリアで活動をされていたりしますのでネット等で調べてよく話を聞いてどういう感じで作業を進められるのか、場合によってはいくつかの業者さんから見積もりを取ったりするほうが良いかも知れません。
また、遺品整理士という認定資格もありますので有資格者の有無もひとつの参考になるかも知れませんね。

遺品整理は引っ越しとは違い、そこには故人の最後のメッセージが残されていたり、思い出が詰まっていたりもします。時間や費用の制約はあるかもしれませんができるだけ丁寧に心置きなく済ませたいものですね。

-生活

執筆者:

関連記事

オススメの副業は?在宅でもできる?【2018年最新版】

最近よく「働き方改革」という言葉を耳にするようになりましたが、そういった中で昨今再び脚光を浴びるようになったのが“副業”ではないでしょうか? 以前は副業と言えば本業の収入以外で月にほんの少し(数万円) …

【備蓄品リスト一覧】食品(食料)や一般家庭で必要なもの。災害時の備えに。

2018年は残念ながら日本にとって災害が猛威をふるう年になってしまっています。 しばらく災害がないと忘れてしまうかもしれませんが、こんな時こそ対岸の火事だと考えずに改めて災害への備え、備蓄品について考 …

PayPay(ペイペイ)とは?使い方や使えるお店は?

最近、PayPay(ペイペイ)という言葉をよく耳にされると思います。大々的なキャッシュバックキャンペーンやクレジットカードの不正使用なんかもあってちょっと世間を騒がせたりもしました。 そして今後も世界 …

ヒュッゲとは?デンマーク流のライフスタイルに注目が集まる。

以前にテレビ東京の「未来世紀ジパング~沸騰現場の経済学~」をみていたら、今日本でも政府主導のもと盛んに叫ばれている「働き方改革」のヒントとして「ヒュッゲ」が紹介されていました。 そこで今回はヒュッゲに …

文通の良さとは?匿名で住所を知らせなくてもできる。

今はメールや様々なSNSが発達していますが、その一方で古き良き文通に魅せられている人も多いようです。 同級生の友達に手紙を送ったり、雑誌の文通相手募集のコーナーで相手を見つけて文通を楽しんだことがある …