ふぁんたじすた

いろいろなニュースや日々の生活に役立つことなどを書いていきます。

副業 生活

スペースマーケットとは?利用方法など

投稿日:2019年2月28日 更新日:


会議室や民泊などでも借りるのはやっぱり大変です。費用や手続きも必要になってきますし、何よりもどうすればいいのか、どこで調べればいいのかすらわからなかったりしますよね。

必要なスペースを必要なだけ手軽に借りられれば、それに越したことはないですよね。そんな要望に応えてくれるのが時間貸しサービス「スペースマーケット」です。そこで今回はスペースマーケットについて書いて行きたいと思います。

スペースマーケットとは?

スペースマーケットとは株式会社スペースマーケットが提供するサービスで会議室から民泊といったスペースを簡単に貸し借りできるサービスとなります。
約6,000のユニークなスぺースが掲載されていて、登録するだけでその予約から支払いまでワンストップで行えるものです。スペースを借りたい側をゲストとし貸したい側をホストと呼び、双方をマッチングさせるサービスとなっています。

スペースマーケットの利用方法

スペースマーケットを利用してスペースを利用するのは次のような手順になります。

①自分が借りたいスペースの条件等を指定して検索を行う。
②利用したいスペースが見つかれば、利用規約や空き状況等を確認して予約リクエストを送信する。
③ホストからの予約の承認の返信を待つ。
④クレジットカードでの支払いの場合は、ホストが承認した時点で決済をし予約成立。
⑤予約が成立すれば、鍵の受け渡し等についてメッセージ機能で確認する。
⑥実際にスペースを利用して、ホストについても評価等を行う。

ただし、せっかく借りたスペースでも、当日になってみると掲載されていたのと違ったり、突然のキャンセルがあったり、あるいは自分のプライバシーが守られるか不安ですよね。スペースマーケットでは、そんな不安を取り除くための次のような取り組みがされています。

①名前や電話番号、メールアドレス以外にも身分証明書や旅館業免許といった必要な項目について審査を行い、合格したものだけを掲載。
②メッセージ機能を利用することで、予約が成立するまで電話番号やメールアドレスを知られることなくやり取りできる。
③決済した料金がホストに支払われるのは、スペースを利用した日の翌月末までとなっていて、それまではスペースマーケットによって一時的に預かられているため、何かのトラブルがあればスペースマーケットが対応してくれる。
④レビューや評価によってホストのことを判断できる。

以上のようにスペースマーケットはある程度サービスの質を担保するような仕組みとなっています。

まとめ

今回はスペースマーケットについて書きましたが、今はやりのマッチングサービスのスペース版であり、シェアリングエコノミーの一種となるサービスですが、貸す側、借りる側双方にとって、メリットがあるものとなっていますのでもしちょっとしたイベントを開催する等の時には使ってみるのも良いのではないでしょうか。

PickGo(ピックゴー)とは?エリアや副業など
Uber Eats(ウーバーイーツ)のエリアは?配達員としてバイトもできる?
タスカジとは?掃除などの家事代行サービス
シラスウナギ漁とは?時期や場所、道具など【副業】

-副業, 生活

執筆者:

関連記事

ポイント投資について。ドコモ、楽天、SBIなど

今や私達はポイントに囲まれて生活していると言っても過言ではないでしょう。お財布の中がポイントカードでいっぱいといった方も少なからずいらっしゃるかも知れません。ちょっとモノを買ったり、何かのサービスを利 …

東京はロックダウンの可能性アリ【備蓄品リスト一覧】食品(食料)や一般家庭で必要なもの。災害時の備えに。

※この記事は2018年に通常の災害への対策として備蓄品リスト一覧を記載しましたが、2020年3月25日時点で日本の首都である東京がロックダウンの可能性があるということで参考になればと思い加筆したものと …

PayPay(ペイペイ)とは?使い方や使えるお店は?

最近、PayPay(ペイペイ)という言葉をよく耳にされると思います。大々的なキャッシュバックキャンペーンやクレジットカードの不正使用なんかもあってちょっと世間を騒がせたりもしました。 そして今後も世界 …

高輪ゲートウェイ駅の開業はいつから?駅名の由来も

オリンピックイヤーに入って、いよいよ盛り上がりを見せている東京ですが、そんな東京で今、話題になっているのが、新駅の開業です。高輪ゲートウェイ駅がそれです。東京オリンピック・パラリンピックは勿論、リニア …

遺品整理業者の料金相場や選び方などの注意点は?

現在では高齢化社会が日本にとって大きな問題の一つとなっており、高齢者の一人暮らしが多くなっている時代です。それに伴い人知れず亡くなる方(孤独死など)も年々増加傾向にあります。 しかし、その方が生きてき …