ふぁんたじすた

いろいろなニュースや日々の生活に役立つことなどを書いていきます。

生活

結婚式のご祝儀の相場は?その他気をつけたいポイントも。

投稿日:


年齢を重ねるにつれ冠婚葬祭に出席する機会もそれなりに増えてくるかと思われますが、その中でも結婚式に出席する際にもっとも気になることの一つと言えばやはりご祝儀をいくらくらい包んだらよいか?ということでしょう。

基本的には本人の気持ち次第ですのでいくら包まなければいけないというきまりのようなものはもちろんありませんが、やはり一般的な相場というものを把握しておいてそれに沿った金額を包むのが無難だと思われますので、それを知っておくのが大人のマナーと言えるでしょう。

また、同じ結婚祝いであっても相手との関係によっても当然変わってきますので、今回は最低限押さえておきたい結婚式のご祝儀の相場について書いていきたいと思います。

結婚式のご祝儀の相場は?

ということでまずは結婚式のご祝儀の相場ですが、当然ながら相手との関係によって妥当な金額も変わってきます。

まずは相手が知人・友人・会社の同僚などの場合は

「3万円」が一般的な金額となります。

そして次に相手が兄弟や姉妹などの親族の場合は

「5万円」が一般的な金額となります。

もちろんご自身の年齢によってもふさわしい金額が上下することも珍しくありませんが、一般的には上記の金額が妥当な相場だと踏まえておけばほぼ問題ないでしょう。

その他に気をつけたいポイントは?

そして金額以外で気を付けておきたいポイントとしてはご祝儀のお札は新札を包むのがマナーとされています。
また、ご祝儀の金額が3万円や5万円であれば問題ありませんが、それ以外の金額を包むときはお札の枚数が偶数にならないようにするというのもポイントです。

そして最後に見落としがちなポイントとしてご祝儀袋をそのままむき出しで持っていかないというのも重要です。
一般的には袱紗(ふくさ)に包んで持参するのがマナーとされていますので、もし袱紗を忘れた場合でもむき出しで取り出すよりはハンカチでも構わないので包んで持って行く方がより丁寧な印象を与えることができます。

まとめ

ある程度の年齢になると仕事やプライベートなどで結婚式に出席する機会も増えると思いますので、最低限のマナーとして上記のことを踏まえておきたいですね。

ただし、繰り返しになりますが基本的にご祝儀は本人の気持ちですので、配慮しなければならないことはたくさんあるものの、もし金額が相場より少なめだとしてもメッセージカードや品物にて気持ちを伝えるという手段もありますのであまり堅く考えすぎないのもまた重要かも知れません。

-生活

執筆者:

関連記事

遺品整理業者の料金相場や選び方などの注意点は?

現在では高齢化社会が日本にとって大きな問題の一つとなっており、高齢者の一人暮らしが多くなっている時代です。それに伴い人知れず亡くなる方(孤独死など)も年々増加傾向にあります。 しかし、その方が生きてき …

オススメの副業は?在宅でもできる?【2018年最新版】

最近よく「働き方改革」という言葉を耳にするようになりましたが、そういった中で昨今再び脚光を浴びるようになったのが“副業”ではないでしょうか? 以前は副業と言えば本業の収入以外で月にほんの少し(数万円) …

シラスウナギ漁とは?時期や場所、道具など【副業】

政府が声高に叫んでいる働き方改革などの影響で、最近ふたたび副業に注目が集まっています。実質的な所得水準が上がらない中、少しでもゆとりを持ちたいというのは当然かも知れません。 そして一言で副業と言っても …

【備蓄品リスト一覧】食品(食料)や一般家庭で必要なもの。災害時の備えに。

2018年は残念ながら日本にとって災害が猛威をふるう年になってしまっています。 しばらく災害がないと忘れてしまうかもしれませんが、こんな時こそ対岸の火事だと考えずに改めて災害への備え、備蓄品について考 …

文通の良さとは?匿名で住所を知らせなくてもできる。

今はメールや様々なSNSが発達していますが、その一方で古き良き文通に魅せられている人も多いようです。 同級生の友達に手紙を送ったり、雑誌の文通相手募集のコーナーで相手を見つけて文通を楽しんだことがある …