ふぁんたじすた

いろいろなニュースや日々の生活に役立つことなどを書いていきます。

競馬

ディープインパクトが亡くなる。成績や産駒(子供)などについて

投稿日:

一世風靡という言葉があります。時代をリードした、一色に染めたような存在がいた状態のことですが、近年の競馬界ならば何と言ってもディープインパクトではないでしょうか。現役時代の圧倒的な戦績もそうですが、現役を引退してからも種牡馬として、多くの一流の子供を輩出しています。そんなディープインパクトが先日死亡(急逝)しました。そこで今回は多くのインパクトを残してくれたディープインパクトについて書いていきたいと思います。

ディープインパクトのプロフィールと成績


ディープインパクトは2002年3月25日に北海道のノーザンファームで産まれました。サンデーサイレンスを父、ウインドインハーヘアを母とする優秀な血統を持つディープインパクトは、産まれた時は強いインパクトを残すほどの馬ではなく、セリでの落札価格も7000万円ほどと極端な高額ではありませんでしたが、デビュー以降快進撃を続けます。

2005年にはシンボリルドルフに続いて2頭目となる無敗でのクラッシック3冠(皐月賞・日本ダービー・菊花賞)を達成。翌2006年も天皇賞や有馬記念などのG1レースを制覇し、日本の馬としては初めて、芝部門・長距離部門で世界ランキング1位となりました。通算成績は14戦12勝で、獲得賞金は14億5455万1000円となっています。勝てなかった2つのレースは、古馬と対戦した2005年の有馬記念(ハーツクライが勝利)と初めての海外での競馬となる2006年のフランスでの凱旋門賞だけ。また、全レースの手綱を握ったのはこちらも千両役者の武豊ジョッキーでした。

そしてディープインパクトのレースシーンで思い浮かべるのは、何といっても後方からの追い込みシーンではないでしょうか。本当に届くのだろうかというような位置から最後は圧倒的な差をつけてゴールに飛び込む。その姿は、走るというよりも「飛ぶ」といった表現が使われていました。

ディープインパクトの産駒(子供)や種牡馬時代

2006年の有馬記念を最後にわずか2年間ほどのキャリアで惜しまれつつ引退したディープインパクトは2007年より種牡馬としての生活に入りました。数多くの産駒を送り出してきましたが、種牡馬としても日本史上最高と評されています。

その産駒(子供)の活躍は日本だけに留まらず、フランス、英国でもクラシックを制する馬を輩出しています。日本ではジェンティルドンナ、キズナ、マカヒキ、サトノダイヤモンドといったお馴染みの馬の他、数々の名馬が活躍し、長年に渡ってナンバーワン種牡馬(リーディングサイヤー)として君臨していました。

まとめ

今回は稀代の名馬であるディープインパクトについて書きましたが、ディープインパクトがこの世を去った17歳というのは、人間に例えると50歳を過ぎたあたりだと言われています。早すぎると言えば早すぎますが、まさにあっという間に平成という時代を駆け抜けていったような気がします。

-競馬

執筆者:

関連記事

有馬記念2018の出走馬、枠順が確定!プレゼンターやイベントは?

そろそろ平成最後の~という前置きもうっとおしくなって来ましたが、いよいよ平成最後の有馬記念の出走馬、枠順が確定しました。ふだん競馬をやらなくても毎年有馬記念だけはやるという方も少なくないでしょう。 そ …

UMACA(ウマカ)カードがスタート【JRA】登録や投票、メリットは?

秋のG1戦線もスタートし、競馬が一番盛り上がるシーズンに突入しましたが、JRAがまた便利なサービスを開始しました。その名はUMACA(ウマカ)と言ってその名前からも想像はできるかも知れませんが、キャッ …

藤田菜七子が歴代最多勝!【JRA女性騎手】年間記録も更新中。

その騎手離れした可愛い容姿からアイドルジョッキーとして競馬ファンにとどまらず競馬をやらない層にもある程度の認知度と人気がある藤田菜七子騎手ですが、8/25の新潟12Rで勝利しJRA女性騎手最多勝記録を …

馬主になるには?条件(要件)や手続きなど

競走馬の馬主になるのは、やはり誰もが憧れるものだと思います。功成り名を遂げた人達がロマンを求めてと言ったイメージがありますね。 歌手やスポーツ選手にも有名な馬主がいますが、歌手の北島三郎さんは愛馬が勝 …

バヌーシーとは?DMMバヌーシーの費用や儲かるかどうかなど

DMMバヌーシーというサービスをご存知でしょうか。耳慣れない言葉だと思いますし、ご存知ない方は全く想像もできないかも知れません。 しかし、実はバヌーシーとは馬主のことです。これでお分かりいただけると思 …