ふぁんたじすた

いろいろなニュースや日々の生活に役立つことなどを書いていきます。

経済

メルカリがメルチャリという名でシェアサイクル業界に参入。

投稿日:

最近は街中でシェアサイクルのサイクルポート(駐輪場)を見かけることが多くなりましたが、フリマアプリ最大手のメルカリも今年になってからシェアサイクル業界に参入しています。

そこで今回はメルカリのシェアサイクル事業であるメルチャリについて書いていきます。

メルカリとは


まずはメルカリについてですが、ご存知の方も多いとは思いますが株式会社メルカリはフリマアプリの最大手「メルカリ」の運営会社で設立は2013年2月、そして今年2018年の6月に東証マザーズに上場している上場企業となります。

また、上場時には今年最大の大型案件として非常に大きな注目を集め、上場初日の終値ベースで時価総額7000億円オーバーとなりIT企業としてはサイバーエージェントに匹敵するほどの時価総額となっています。

メルチャリの料金と利用方法は


※画像はイメージです。
メルチャリは今年の2月から福岡市のみでスタートし今後は他の地域への拡大も準備中とのこと。

そこで気になるのは料金&利用方法ですが、料金は1分4円という料金体系になっていて、30分単位が多い競合他社とは違うため10分以内などの短時間利用であればメルチャリの方が安い模様。
そして利用方法ですが、メルカリのIDでメルチャリの専用アプリから利用が可能となっていて、車体のQRコードをスマホで読み込んで解錠と施錠ができるという他社でも利用されている一般的な利用方法となっています。

また、注意点として挙げられるのは2点あり、まずは返却は満車ではない駐輪ポートで行う必要があるということ。そしてメルチャリで提供される自転車は電動アシスト機能が付いていないタイプの自転車だということです。
そのため、仮に目的地に一番近いポートがあったとしても満車であれば他を探して空きがあるポートに返却しなければならないケースも考えられます。

まとめ

このようにメルカリも参入しているシェアサイクル事業ですが、すでに中国企業のモバイクやオッフォ、そして国内の企業でもドコモやセブンイレブン、アパマンが参入するなど競争は熾烈を極めています。

今後どの企業がシェアを伸ばし、業界をリードして行くのか非常に注目ですし、都内ではあちらこちらにシェアサイクルのサイクルポートが見られますので機会があれば利用してみてその便利さを体感してみたいと思います。

-経済

執筆者:

関連記事

GoToキャンペーンについて。GoToトラベルキャンペーン詳細など

【速報】GoToトラベルキャンペーンについて東京都は対象外となる方針が発表されています。今後も内容が変わる可能性があるため、常に最新の情報をご確認ください。 令和2年は年明け早々から、新型コロナウイル …

つみたてNISA(積立NISA)とは?これまでのNISAとの違いは?

2018年1月よりこれまでのNISAに加えて、つみたてNISA(積立NISA)がスタートしました。そこで今回は現行のNISAとの違いやつみたてNISAの特徴について書いていきたいと思います。 Cont …

ローソンがウーバーイーツを利用した宅配実験をスタート

コンビニは文字通り便利な存在で、生活の中でなくてはならないものとなりました。そして、そんなコンビニは日々進化していると言ってもいいような感じです。より便利になるという意味で注目されているのが、コンビニ …

なでしこ銘柄2019年の企業一覧

なでしこ銘柄と言えば経済産業省が2012年度より女子活躍推進に優れた上場企業をなでしこ銘柄として選定、発表しているものですが、今年2019年もなでしこ銘柄の企業一覧が発表されています。そこで今回はなで …

One Tap BUYとは?日本株、米国株も可能なスマホ証券

2018年は副業元年とも言われましたが、副業とは少しニュアンスは違いますが、株式等への投資をされている方も多いと思います。本業での収入の足しにしたり、将来的には投資家へと道を歩みたいと思っている方もい …