ふぁんたじすた

いろいろなニュースや日々の生活に役立つことなどを書いていきます。

エンタメ

カメラを止めるな!の興行収入【最新】現在や推移、ランキングも。

投稿日:2018年9月4日 更新日:


製作費がわずか300万円でたった2館での上映からスタートした映画 カメラを止めるな!ですが、話題が話題を呼び大ブレイクを果たしています。

現在も話題沸騰中でその勢いはとどまりませんが、今回は大注目映画のカメラを止めるな!の興行収入等について書いていきたいと思います。(興行収入、観客動員数は随時更新)



映画 カメラを止めるな!の概要

まずは映画「カメラを止めるな!」の概要ですが、

予告動画

監督・脚本・編集 上田慎一郎
助監督 中泉裕矢
音楽  永井カイル

キャッチコピー 最後まで席を立つな。この映画は二度はじまる。

キャスト
濱津隆之
真魚 
しゅはまはるみ 
長屋和彰 
細井学 
市原洋 
山﨑俊太郎 
大沢真一郎 
竹原芳子 
浅森咲希奈 
吉田美紀 
合田純奈 
秋山ゆずき

カメラを止めるな!の興行収入や観客動員数、ランキングは?

そして次にカメラを止めるな!の興行収入、観客動員数、ランキングについてですが、直近の数字では

8/26(日)までの観客動員数と興行収入

観客動員 約87万人(動員ランキング6位)
興行収入 約12億円

9/2(日)までの観客動員数と興行収入

観客動員 約115万人(動員ランキング6位)
興行収入 約16億円

9/9(日)までの観客動員数と興行収入

観客動員 約137万人(動員ランキング6位)
興行収入 約19億円

9/16(日)までの観客動員数と興行収入

観客動員 約151万人(動員ランキング8位)
興行収入 約21億円

9/23(日)までの観客動員数と興行収入

観客動員 約166万人(動員ランキング7位)
興行収入 約23億円

9/30(日)までの観客動員数と興行収入

観客動員 約173万人(動員ランキング7位)
興行収入 約24億円

10/7(日)までの観客動員数と興行収入

観客動員 約188万人(動員ランキング10位)
興行収入 約26億円

10/14(日)までの観客動員数と興行収入

観客動員 約195万人(動員ランキング10位)
興行収入 約27億円

最新 10/20(土)までの観客動員数と興行収入

観客動員 約200万人
興行収入 約28億円

となっています。

追記 カメラを止めるな!の最終的な興行収入は約31億円となりました。

このようにじわじわと数字を伸ばし、劇場版コード・ブルーやインクレディブル・ファミリー、銀魂2、検察側の罪人など注目タイトルが続々と公開される中で週間動員数ランキングで6位に入るなど勢いは衰えるどころかむしろ増している感さえありますね。

また、すでにDVD(Blu-ray)の発売が決定していますので↓の記事にまとめています。
カメラを止めるな!DVDの特典(楽天)は?発売日はいつ?

まとめ

今回は大注目の映画「カメラを止めるな!」について書きましたが、先日はいわゆる盗作疑惑が挙がるなどさまざまな面で話題になって拡散し続けているため、まだまだこの勢いは衰えそうにありませんね。

製作費300万、そしてたった2館からのスタートでもここまで大ヒットしたということは映画業界にはまだまだ夢があると実証してくれたと思いますし、これからどこまで記録を伸ばせるか非常に楽しみですね。

-エンタメ

執筆者:

関連記事

古井ひでおとは?古井ひでおチャンネル

いきなりですが「古井ひでお」という方をご存知でしょうか?古井ひでおと聞いて誰かわからなくても映像を見れば、すぐにわかると思います。アノ誰もが知っているタレントさんのもう1つの名前です。そこで今回は古井 …

ボヘミアンラプソディ(映画)はいつまで上映される?興行収入は?

伝説のバンド Queen(クイーン) のボーカルで没後も世界的なスターであるフレディ・マーキュリーを描いた物語である映画ボヘミアンラプソディが大ヒット上映中となっていて非常に大きな注目が集まっています …

BLACKPINKとは?メンバー 一覧など

相変らず韓国発のアーティストの人気というのは凄いものがありますよね。勿論、ルックスやパフォーマンスもそうですが、日本人とよく似ているのですが何か少し違う部分があって、「似ているけれど違う、違うけれど遠 …

クイズノック(QuizKnock)とは?メンバーなど

QuizKnock(クイズノック)と言って、すぐにピンと来る方は、クイズ好きか流行に敏感な方ですよね。今、テレビなんかでも結構クイズ番組を見かけることがありますが、昔のようにクイズ好きの素人が単にクイ …

ティックトック(TikTok)とは?動画共有アプリ(TikTok)の使い方も。

TwitterやInstagram、Facebook、YouTubeといったものは今や当たり前の日常になってきました。そして今はTikTok(ティックトック)です。若者を中心に広がったものなので、ご存 …