ふぁんたじすた

いろいろなニュースや日々の生活に役立つことなどを書いていきます。

旅行

MUJI HOTEL GINZA(無印良品のホテル)が銀座にオープン。料金など

投稿日:


無印良品というと、シンプルだけど良いものを手頃な値段で手に入れることができるイメージがありますよね。今までだと、衣料や雑貨が多かったような気がするのですが、そんな無印良品が何とホテル事業も日本でスタートさせたようです。既にご存知の方も多いかもしれませんが、まさしく無印良品のコンセプトを形にしたようなホテルとなっています。そこで今回は無印良品のホテル、MUJI HOTEL GINZAについて書いていきたいと思います。

MUJI HOTELとは?

無印良品は元々西友のプライベートブランドとして立ち上げられたブランドで、株式会社良品計画という会社で、雑貨や衣料品、食品の他家具等の企画から販売までを行っています。「感じ良いくらし」の実現というのがコンセプトで、シンプルだけど使い安いもの、安心な商品を展開しています。

そしてMUJI HOTELは、無印良品ブランドのホテルで、中国のシンセンと北京、東京の銀座にオープンしています。

MUJI HOTEL GINZAの客室や料金は?

MUJI HOTEL GINZAは2019年3月20日から予約受付が開始された新しいホテルです。そして場所は無印良品 銀座の上のフロアとなっています。
また、MUJI HOTEL GINZAにはA~Iまで9つのタイプの部屋が用意されていて全79室のうち、最もコンパクトなものは間口が2100㎜と細長い形状の部屋の中に厳選されたセミダブルサイズのベッドが置かれています。

このType Aの部屋で1室あたりの料金は公式サイトによると14,900円~19,900円となっています。最も部屋数の多いダブルベッドが置いてあるType Cという部屋で1室当たりの料金は29,900円となっています。4名まで宿泊が可能なスイートルームType Iには50インチのテレビが備えられ、ダブルベッド2台があります。こちらのタイプで1室55,900円からとなっています。

MUJI HOTEL GINZAのコンセプトや施設内容は?

MUJI HOTELのコンセプトは泊まりながら無印良品を楽しめるホテルとなっています。具体的には、高額で過剰なサービス等ではなく、“ちょうどよい価格でよく眠れ、旅先の身体と心を整える空間”となっています。実際に同ホテルの設備やグッズはほぼ全て無印良品の製品となっているようです。

MUJI HOTEL GINZAは、“銀座をより深く味わい、楽しめる拠点”でもあります。もちろん、無印良品の店舗の他レストランやベーカリーなどでも無印らしいこだわりが込められています。

今回はMUJI HOTEL GINZAについて書きましたが、銀座という立地条件からすると、豪華な設備を備えたものを想像してしまいそうですが、そうではないようです。あくまでも、無印良品らしいものとなっているようです。それに料金は銀座という立地からすれば、随分とリーズナブルな感じがしますね。

-旅行

執筆者:

関連記事

トクたびマイルのざっくり旅行記~富山編~【ANA】

わずか片道3,000マイル、もしくは4,500マイルで国内線特典航空券をゲットできてしまうというかなりお得なサービスのトクたびマイル【ANA】ですが、一応今年度限定のキャンペーンとのことですので先日さ …

どこかにマイルのざっくり旅行記~徳島編~【JAL】

以前から気になっていたJALのどこかにマイルですが、昨年の春に利用してみました。 そこで今回はJALのどこかにマイル旅行記~徳島編~です。 Contents1 どこかにマイルとは?2 どこかにマイルざ …

出国税とは?いつから導入される?徴収方法や使い道も。

海外へ旅行に行く時には旅行代金はもちろんですが、それ以外にも色々なお金がかかってきます。旅行代金にも燃料サーチャージとかがあったりとか、しかもその価格が一定ではなかったりして分かりにくかったりもします …

世界遺産とは?日本の世界遺産一覧も

令和初、そして大阪初の世界遺産として堺市の仁徳天皇陵などが登録されることになりました。ハニワ課長といったキャラクターが登場したり、地域を挙げて登録に向けての盛り上がりを見せていました。世界遺産になると …

ANAのトクたびマイル(新サービス)について

今やポイントシステムというのは、社会の中に深く根付いているような気がします。その代表的なものが飛行機のマイルかもしれません。特に仕事等で飛行機を使われることが多い方はすぐにまとまった量になるようですね …